子ども用食器博士の飽くなき愛情 Dr.Shockilove

日本一やさしい食器をつくっている、その張本人の日常を記すドキュメンタリー!

MY FIRST DISH
Starbrand 小さな会社のブランド戦略

タグ:幼児食器

日 付
記録者
美和けいいち
件 名

今日は、ミキハウスのホットビスケッツランチボックスセットをレポートしています!!

11

引用:http://www.hotbiscuits.jp/

ホットビスケッツは、2001年3月に立ち上がったミキハウスのオリジナルのベビーブランドです。そのブランドコンセプトは「Good Quality」。子どもが毎日ごきげんに楽しく過ごせるように安心のクオリティと楽しいデザインを大切にしているとのことです。もちろん、食器だけではなく、洋服やシューズも展開しています。

さて、今日のお昼ごはんは・・・

L01

・玄米おにぎり×2

・梅干

・ジャーマンポテト

・野菜

・照り焼きチキン

小さめサイズだから少食になっていいわ~!・・・()

 

○実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

カトラリー以外はプラスチックでできています。

16

そのため、電子レンジや食洗機も使えます!ランチボックスはどちらもNGのようなので、気をつけてください。

17

ランチボックスの蓋についているパッキンは、取り外しでき、しっかり洗浄できるのがいいですね!しかもパッキンが取り外ししやすいように蓋の一部にくぼみがあってパッキンをつまみやすくしてくれる工夫がされていますよ。これはパッキンをセットするときも助かります!

18

ランチボックスには、運ぶときに手を差し込める持ち手があります。

お弁当箱以外にもおもちゃ入れやおやつ入れとしても使えますね。

19

食器においては、やっぱりこのスープカップがポイント高いです。持ち手の裏には滑り止めの工夫がされています。

20

これはボクがiiwanでこだわったところですが、おちゃわんの高台には水がどうしても溜まるので、できれば水切りがあるとさらにいいですよね!

 

○実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

ホットビスケッツのブランド紹介のところには、「安心感と耐久性」という文字があります。ここにひとつの疑問が生じます。もし耐久性を重視しているなら、カトラリーはステンレスであってはならないからです。詳しくは、夜レポートで!!

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

日 付
記録者
美和けいいち
件 名

今日は、ミキハウスのホットビスケッツランチボックスセットをレポートします!!

01

今回の食器は、ランチボックスがセットになったワクワク感いっぱいの食器セット。

もうすでに夏本番の暑さで日に日に体が重くなってきていますが。このセットを見たら、夏休みが楽しみになってきました~。

 

今日の朝ごはんのメニューは

02

・玄米俵おにぎり×3

・コーンスープ

・卵焼き

・ブロッコリーのソテー

・トマト

・ウインナー

・オレンジジュース

 

朝ごはんには、ランチボックスの出番はありませんが、今日はランチボックスを使って、晩にベランダディナーを計画しています!!晩のレポートもお楽しみに~。

 

さて、本題の感想です ↓↓↓

○実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

03

まずは存在感の大きいランチボックスから。幅は25cm

04

高さは8.5cmくらい。もうみんなで運動会に行くしかない!

05

続いてカトラリー。カトラリーサイズは一般的なキッズサイズです。

06

こちらはお茶碗。持ってみた感じ、かな~り軽くて薄いなぁ、というのが率直な感想です。

07

続いて、コップ。こちらも同じように軽くて薄いです。高さは6.5cm弱です。持ち手の部分は、大人の指が2本分。小さなときから使えそうです。

08

最後はスープカップ。お皿に耳が付いているので持ち運びに便利ですね。

09

スープカップの深さ小さな子どもに使うのに、ちょうどいい深さです。離乳食初期の十倍粥のときから使えて、そして、たくさん食べられるようになったらおやつ皿にも使える万能皿です。

10

実は、ボクたちがつくっているiiwanの小皿も、離乳食初期のママさんに大人気なんです。何かと忙しい離乳食期には、ママにとっても使いやすい食器を選ぶようにするといいですね。

 

話をミキハウスの食器に戻します。ミキハウスの食器3点は、全体的にとっても軽くて小さく、0歳から使えるサイズ感なのに対して、カトラリーは素材もサイズもデザインもキッズ用だなと思いました。そして、これは重要なことなんですが、ステンレスのカトラリーを使える時期にプラスチックの食器は不向きです。その理由は、プラスチックメーカーなら絶対分かることなのですが、これまた意外とみなさんに浸透していないこと。詳しくは夜記事でお伝えします!

 

○実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

ミキハウスの食器もメーカーはOSKさんでした。OSKさんといえば、これまでのレポートでも度々登場しています。プラスチック食器=OSK?っていうぐらいポピュラー。

安心感についても過去のレポートで記載していますので、そちらをぜひご覧ください~。

6月4日ハッピーミールセット 朝レポート

安全性についてOSKさんに質問したときのレポートはこちら

6月12日アナノカフェ 朝レポート

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

日 付
記録者
美和けいいち
件 名

今日は、みよし漆器のデラックスセットをレポートしています!!

23

カトラリーの持ち手の自然なカーブは、使い始めの子どもにはとても使いやすい工夫です。いやぁー、本当にアイデアはイイんです!!

 

さて、今日の晩ごはんは

24

メニュー

・玄米ごはん

・お刺身

・卵豆腐

・お味噌汁

・お茶

今日はボクの大好物のお刺身~!!ボク、こう見えてヘルシーなお刺身が大好きなんです。写真だけ見るとかないヘルシー感ありますが

25

ボクが入ると急にジューシー感~!!

 

○専門家からみたギフト度(バァバ目線で)

実はみよし漆器さんはホームページのつくりが秀逸です。とても見やすくて写真もきれい。届いたときの梱包状態はというと、ホームページの印象とギャップがあって、商品が漆器だからもうちょっとしっかりしたパッケージが良かったかなという印象でした。ではさっそく見ていきましょう!

26

おぼんが大きいので結構大きなパッケージです。無地だったので、「みよし漆器」のロゴがあると良かったですね。

27

フタを開けるとこんな感じ。おぼんは透明の袋に入っています。薄葉紙がクッションの役割をしているのかしていないのかよくわからない。

28

商品一つ一つはとても丁寧に包まれていました。

29

カトラリーも透明袋に入っていて衛生的です。

30

引用:http://item.rakuten.co.jp/miyoshi-ya/c/0000000182/

今回、ボクはラッピング注文しませんでしたが、無料でラッピングとお熨斗のサービスがあります。

 

みよし漆器は「漆器」という伝統工芸品としては、価格帯が非常に抑えられていて購入しやすさはありますが、一方でギフト感もそれなり、といった印象。「必要最低限」ギリギリないかなぁ。厳しいレポートになってしまいましたが、やっぱりギフトではイイモノをいいカタチで贈りたいですからね。

 

○専門家からみた特別感(ミワ目線で)

本来なら日本の三大漆器のひとつである紀州漆器の素晴らしさについて思いっきり語りたいんだけど、、、

紀州漆器の素晴らしさは、また別の機会でレポートしたいと思います。

 

○日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

31

写真は別日に使ったときのものですが、やっぱりおぼんの反りが気になってもはや笑えてきます。

漆を塗ってしまっているので、使い込んでいくうちに次第に漆が浸透していき、この反ったカタチで硬く丈夫になっていくことでしょう。

今回、みよし漆器を利用された方が一部レビューしていることでもありますが、ウェブサイトのつくりと写真がとてもきれいなんです。通販は、そういった「イメージ」で購入してしまいがちですが、届いたときにイメージと違うってガッカリされた経験もあるかと思います。そうならないために、通販でのチェックポイントをいくつかご紹介しますね。

 

1.必要な情報がきちんと表記されているか。

素材・耐熱温度・原産国・サイズなどの商品の紹介がきちんとされていること

2.写真は充実しているか。

実際に商品を手にとって見ることができないからこそ、ひとつひとつリアルな写真を載せていると実際に使うシーンを想像しやすいので、イメージとのギャップが少なくなります。

3.お届けの状態が紹介されているか

ギフトラッピングだったり、梱包の様子などがしっかり説明されていると安心です。

4.第三者評価があるか。

食器に関してですが、日本では食品衛生法があります。「安心・安全」という表記があった場合は、その根拠がきちんと表記されていなければ、それは単なる売り文句ですので注意です。

 

すばらしい商品を販売されるところは、お客さまにより分かりやすく丁寧にその素晴らしさを説明したくなっちゃいます。ときどき「ALL活字」みたいなウェブサイトも見つけますが()、でもそれだけ伝えたいことがたっくさんあるということなんですね。

あっ!

ボクも活字だらけになってきたので、ここらへんで今日のレポートを終わりにしたいと思います。長らく読んでいただいてありがとうございました!!

 

購入元HP:http://www.rakuten.ne.jp/gold/miyoshi-ya/

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

※ここでレポートしている内容は、子どもが使うことを真剣に考えたボクの感想と評価です。だからこそ嘘偽りなく、良いと思うこともそうじゃないことも正直にレポートしています。

 

日 付
記録者
美和けいいち
件 名

今日は、みよし漆器のデラックスセットをレポートしています!!

17

朝レポートでお話したように不安な食器セットで使うのをためらってしまいますが、それでもこれはボクの使命なので、しっかり使ってガッツリお昼ごはんをいただいてレポートしていきます!!

18

今日のお昼ごはんは

・玄米おにぎり×2

・ハンバーグ

・サラダ

・フルーツヨーグルト

・お吸物

・オレンジジュース

 

○実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

ここではみよし漆器オリジナルのアイデアを紹介します。

19

引用:http://item.rakuten.co.jp/miyoshi-ya/ok-26/

今回は食器ではなく、おぼんに注目です!食器の質感とちょっと違うのが分かりますでしょうか?光沢感があるというか。

20

引用:http://item.rakuten.co.jp/miyoshi-ya/ok-26/

実は、おぼん全体に滑り止め加工がしてあります。なので持ち運ぶときに安心です。

しかし、この加工をするのであれば、子どもが持てるサイズのおぼんならなお良かったです。そして、何名かのユーザーさんもレビューで書かれていますが、ボクの購入したおぼんも、買った当初から歪んでいました。

21

これがテーブルにおぼんが接している状態。手を離すと・・・

22

浮きます ()。「見るたびに悲しくなります」と感想を書かれた方がいらっしゃいましたが、まさしくそのとおりです。

漆を塗る理由には、木という天然素材を使用した器だから、反ってしまったり変形してしまったりヒビが入ってしまったりを防ぐためなんですよね。なのに使う前から反ってるってことは反ってるおぼんを反った状態で固めているわけで・・・。これでは本末転倒です。

滑り止め加工のアイデアはすばらしいですが、その前に商品の品質に力を入れてくれることを願うばかりです。

 

○実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

外観で分かる低品質の食器をボクはぜひ今日から継続して使用して、いつまで使用可能なのか実験していこうと思います。現時点でいえることは、ありません。

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

日 付
記録者
美和けいいち
件 名

今日は、みよし漆器のデラックスセットをレポートします!!

みよし漆器は77日にもレポートしました。ここは、創業明治44年の歴史をもつ老舗の漆器メーカーさん。

01

引用:http://item.rakuten.co.jp/miyoshi-ya/ok-26/

こちらでは木の器やお弁当箱、アイデア満載の商品が品数豊富に取り揃えてあります。子ども食器も1種類だけではなくいくつか種類があったので、今日は第2弾です!!

 

早速今日の朝ごはんです。

02

商品名が「デラックスセット」とあってアイテム数がたくさんあって、サイズも大きいものから小さいものまであります。お食い初めに大活躍するセットですね!

・玄米俵おにぎり×3

・さばの塩焼き

・ほうれん草の胡麻和え

・出汁巻きたまご

・お味噌汁

・トマト

・豆乳

03

木目がしっかりでていて木のぬくもりを感じさせる塗りです。

 

さて、本題の感想です ↓↓↓

○実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

04

まずはおぼんから。かなり大きいおぼん。お子さんが持つように作られたというよりは、大人が持つ用かな。横幅が40cm弱で縦が31cm強です。

05

続いて平皿2枚。下の大きな平皿はお食い初めの鯛にちょうどいいサイズ感。お食い初めのあとは、しばらくパパのおつまみ皿になりそう()上の平皿は小さいうちから使えそうです。

06

次はお椀。こちらは汁椀だと思いますが、高台がないので、小さな手で持ち上げるのは、ちょっと難しそうです。

07

続いておちゃわん。こっちはちゃんと高台あります!

08

そして、コップ。キッズ用のコップとしては比較的大きいサイズです。持ち手部分も大人の指3つ分くらい。持ち手が一つの場合は、ここは結構フィットしたサイズ感がいいと思います。たとえば

09

このくらい。コップを練習し始めのころは安定して持てる大人の指で2本くらい。

10

最後にカトラリー。1つのセットにスプーン・フォークとおはしもついてくるセットはなかなか珍しいです。お食い初めのあとは、スプーンを使うようになると思いますが、いずれおはしの出番がやってくるのでセットだとうれしいですよね~。

11

おはしの長さは16.5cm。

12

スプーンの器部分は4cmくらいあります。一般的な子ども用のスプーンの器は3.5cm以下が多いですので、こちらはやや大きめです。

13

フォークの幅はいいサイズ感ですが、長さはやや長いですね~。

 

お食い初めのあと、離乳食初期で使うスプーンは別で用意したほうがよさそうです。

器は、すべて軽めの設計なのでお子さんでも無理せず持ち上げられますが、おちゃわんとコップ以外は、底がペタンコなので大人でも持ち上げにくいなぁと感じました。

 

○実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

正直に申し上げると、これまで見てきた木製の器の合成漆器や本格漆器の中でダントツ「つくり」が雑でした。

14

コップの持ち手と本体の結合部分は、子どもの図工作品みたいな仕上がり。

15

糸!!!繊維????

 (画像で見えるかな・・・)

16

スプーンの細くなっているところに、繊維が付いた状態で更に上から塗装されています。

 

これはいったいどこで作ったの?って思って問い合わせしてみたところ、中国産でした。伝統工芸品だからこそ購入される方もいらっしゃると思います。他国でつくるならせめて品質の徹底をしていかないと、日本の伝統工芸がかわいそう・・・。

 

この繊維の付着から推察すると作り手にしっかりと教育されていないのでは?子どもに使わせる以前に大人でさえも使うことをためらってしまう品質です。

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

↑このページのトップヘ