子ども用食器博士の飽くなき愛情 Dr.Shockilove

日本一やさしい食器をつくっている、その張本人の日常を記すドキュメンタリー!

MY FIRST DISH
Starbrand 小さな会社のブランド戦略

タグ:ステンレスカトラリー

日 付
記録者
美和けいいち
件 名

今日は、カイボイスン・ベビーセットをレポートしています!!

カイ・ボイスンのスプーンフォークを見たら、愛知県民は、あるラーメンブランドを思い出します。

そして、いま、ボクは猛烈にラーメンが食べたいです。

しかし残念ながら、今日の晩ごはんメニューは

D01
エビフラ~~~イ!!!!
ん~・・・
でもスキだからいい!!

 今日の晩ご飯のメニュー

・ゆでたジャガイモ

・エビフライ

・サラダ

・フルーツヨーグルト

そしてお米がない!!!!!

お米を炊き忘れたそうな。

今回はジャガイモさんで炭水化物を摂取します。

プッシャーが大活躍ですよ~!

D02
キミはヨーグルトに使おうかね。

D03

さて、おいしくいただいたところで、、、

 

○専門家からみたギフト度(バァバ目線で)

今回ボクが購入したのは神戸にショップを構えるWEBOのオンラインストア。

こちらのお店は、オーナー自身がプロダクトデザインを専攻されていたこともあって、デザインにすぐれた良質なインテリア用品のセレクトショップ。

美しいデザインのアイテムが見つかるお店です。

さて、こちらで購入したカイ・ボイスンの3点で税込3,780

まず到着の様子から

09
まるでパッケージのようなこだわったダンボール。

ステキです。

オープンするとこんな感じです。

10
手提げ袋が入っていました。

そしてラッピング。

11
後ろ側にはクッションが入っていて動かないようになっています。

12
売上明細書には手書きメッセージ

13
タイトルが明細書じゃなくて「INVOICE」とかってなっていたから

「外国みたいだ、かっこいいなぁ」って思いました。

たいしたことではないんですけどね・・・()

海外の方でも分かるように日英併記です。

14
そしてこれ!!

15
これこれ!!!

16
テープもかっこいいな・・・

ラッピングがかっこいいので、むやみに、あえての左寄りで撮影してしまいました。

17
そして自己満足して、全体を撮るのを忘れました。
ははは
()

使う粘着テープを使い分けているところが素晴らしいです。

18
このテープはストレスなくきれいにはがせるので好きです。

包装紙以降は、特別感たっぷりなので、次項目で~!!

 

○専門家からみた特別感(ミワ目線で)

ここからは、ベビー食器ではあまり見ない特別感をお送りします。

そもそも、製品の仕上がりが、大人用カトラリーと同じ品質、同じ高いデザイン性でつくり上げられていますので、ボックスもそれに見合ったものになっています。

さぁ、包装紙の中は白のボックス?かとおもいきや、

19
スライドカバーでボックスはさらに中。カイ・ボイスンのロゴが見えます。

フタを開けます。

20
もうカイ・ボイスンの世界です。

ボクは今デンマークにいる!

21
こんなに美しいカトラリーたち!!!

全部揃えたくなりますねぇ。

妻に交渉してみようかな・・・
負けるかな・・・

22
じゃーーーん!!!
あれ?おしゃれなお菓子?って思ってしまいました。

下には高級感と高品質を演出する布張りになっています。

もはやお菓子じゃないね、宝石だね!!

もう一度個々のアイテム!

23
ロゴ入りのアイテムごとに用意された袋に入っています。

袋から取り出して置くとき、かなりそっと置きました。

24
そっと置きたくなる、丁寧に扱いたくなる特別なカトラリーです。
特別な人にぜひお贈りください。

 

○日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

みなさん、ステンレスにも種類があることはご存知でしたか?

食器やカトラリーで最も多く使われているステンレスは「18-8ステンレス」です。

この数字は「クロム18%ニッケル8%含有」のステンレスということだそうです。

ステンレス自体そもそも価格の高い金属ですが、こちらが一番ポピュラーなステンレス。

そしてカイ・ボイスンのステンレスは「18-10ステンレス」

クロム18%ニッケル10

18-8ステンレスでも耐久性と耐蝕性に優れているそうですが、扱い方によってはさびてしまうこともあるそう。

18-10ステンレスは、それよりもさらに耐久性と耐蝕性が大幅にアップしていることと、

金気(カナケ)という金属特有の味やにおいがかなり低減されたグレードだそうです。

そして、よく市場で見るステンレスよりも黒味(というか深み)があります。これにより高級感も演出でき、黒味が増せば増すほど、価格も高くなります。

赤ちゃんに使うものだからこそ、使いやすくて安心なものを使いたい。

特別な人の子どもに贈るものだからこそ、特別なものを贈りたい。

そんな人たちの気持ちをかなえてくれるステキなカトラリーです。

 

公式HPhttp://kay-bojesen.jp/
購入HP:http://www.webo-kobe.com/

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

※ここでレポートしている内容は、子どもが使うことを真剣に考えたボクの感想と評価です。だからこそ嘘偽りなく、良いと思うこともそうじゃないことも正直にレポートしています。

日 付
記録者
美和けいいち
件 名

 

今日は、カイボイスン・ベビーセットをレポートしています!!

L01
カトラリーを見ていたら、、、

L02
男性ならわかってくれると思いますが、合体させて強化させたくなるんです。。。

遊んでしまってゴメンナサイ。

お昼ごはんはiiwanのランチ皿を一緒に使います。

L03
・玄米おにぎり×2

・トマトとブロッコリーサラダ

・たまごと枝豆

・春巻き

・お茶

 
○実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

まず、写真手前のプッシャーは、離乳食初期には大活躍ですね。

05
このプッシャーは単につぶすだけではなく、カットもできるよう先がとがれています!

06
画像ではわかりづらいですが、ほかの部分の仕上げより鋭い仕上がりになっています。

次にスプーン

07
きれいに曲げられた持ち手は、持ちやすいようにその太さを変えています。

これによって小さな手でもしっかり持てるようになります。

最後にスプーンフォーク

08
先端がきれいに仕上げされていて、(怖い表現ですが)刺し心地も追及して加工されている印象です。

食洗機の使用が可能かどうかは特に明記されていませんが、

一般的には、ステンレスは食洗機使用可能ですね。

でもボクは、手洗いオンリーでいきます。

このきれいなツヤツヤは、ボクが守っていきたいと思います。

 

○実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

ステンレス自体に耐久性がありますが、こちらのステンレスのグレードは、普通はあまり使われない高級グレードのステンレスを使用しており、その耐久性は、一般的なステンレスに比べてはるかに高いそうです。

また、ステンレスは錆びない金属ですが、扱い方によっては錆びてしまうことも。

耐蝕性においてもかなり高いそうですよ!

詳しくは、夜の「日本一のマニアの所感」でお伝えしていきます。

必見です!

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

日 付
記録者
美和けいいち
件 名

今日は、カイボイスン・ベビーセットをレポートします!!

デンマークのデザイナーKay BOJESEN(カイ・ボイスン)がデザインした最高級ステンレスカトラリー。

2016年で生誕130周年を迎え、デンマーク王室や各国のデンマーク大使館で愛用され続けている伝統と歴史ある究極のステンレスカトラリーです。

01
ボク、このカトラリーを触ったとき、ちょっと鳥肌が立ちました。

感動する美術品です。

そんなカトラリーを使って(食器はiiwan)朝食スタートです!!

B01
朝ごはんのメニュー

・サンドイッチ

・サラダ

・お茶

ボクはこのカトラリーがお気に入りになりました。

B02
刺してよし!

B03
↑これは、「ほぉ~」って言ってる顔です。

すくってよし

B04

 さてさて、本題の感想です ↓↓↓

○実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

02
左から順に、ベビープッシャー、ベビースプーン、チャイルドスプーンフォークです。

チャイルドスプーンフォークは、大人でも使える、ちょうどデザートフォークのような軽さと長さです。

ベビースプーンは、持ち手の部分がサークル状になっていて

03

指を通して持つことができます。

04
ブッシャーは、離乳食期にはうれしい、食べ物をつぶすようのカトラリーです。

ステンレスでできているので、強度もありますので、カンタンに崩すことができます。

こちら、小さいように見えますが、プッシャーを使う時期、量もそんなに多くはないので十分だと思います。

 

○実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

デンマークのカトラリーですが、新潟県燕市にある大泉物産というステンレスのプロフェッショナルが、カイボイスンの世界唯一の世界総製造元なんだそうです。

つまり、日本製なんです。

1987年デンマークで開催された国際見本市でのフォームランド賞受賞をきっかけにカイ・ボイスンから製造の依頼を受けたそうです。

燕市のステンレス製品の加工技術が世界で評価されたということですね。

それにしても本当に感動的な仕上がりです。

みなさん、ステンレスって、「硬い&冷たい」印象ありませんか?

大泉物産手がけるカイ・ボイスンのカトラリーは、サラサラでソフトなんです。

ステンレスがソフトって矛盾してますよね。

でも、そうなんです。そんな触感なんです。

 

あああああああ!!!!!!

この感触も感動もブログなんかじゃ伝えられないっ!!!!!!

どうやったら伝えられましょう?

ボク、これから持ち歩いて、お会いする方に直接触れてもらおうかな。

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

↑このページのトップヘ