子ども用食器博士の飽くなき愛情 Dr.Shockilove

日本一やさしい食器をつくっている、その張本人の日常を記すドキュメンタリー!

MY FIRST DISH
Starbrand 小さな会社のブランド戦略

カテゴリ: 陶磁器&木(竹)製食器

日 付
記録者
美和けいいち
件 名

今日は、deux C(ドゥ・セー)からメープルの食器をレポートしています!!

16

どうですか?このナチュラルでやさしい雰囲気!!それぞれ木目が異なっているのも味があって好きです。

 

そんなナチュラルな器でいただく今日の晩ご飯は・・・

17

おっ!iiwanランチ皿の登場だ!!テンションあがります~。

・玄米ごはん

・コーンスープ

・コロッケ

・ゴーチャンプルー

・ポテトサラダ

木のコップにコーンスープ!温かみが増しておいしそうです。

18

メープルの匂いするかなぁ~

・・・なんてね()

 

○専門家からみたギフト度(バァバ目線で)

今回ボクが購入したお店は東京大丸百貨店の9F子どもフロアーにあるdeux C

19

引用:http://www.deuxc.net/shoplist/tokyo/tokyo.html

今日はラッピングサービスの様子をレポートします。

20

手提げ袋は白地にコンセプトカラーの赤いロゴがシンプルに。メッセージカードも付けてくれました!

21

朝レポートでも書きましたが、2種類の子ども食器を購入したので、ラッピングも2種類にしていただきました。

22

今日レポートしているのは、袋タイプのほうです。

23

シールには、布製のタグ!

24

袋をあけると、クッション材に包まれて商品が行儀よく入っていました。

25

それぞれにパッケージ(もしくは包装)があります。トレーは、箱入りで器が箱に入っていないのは、メーカーがちがうから仕方ありませんね。

26

トレーのパッケージは、開けると薄葉紙に包まれています。

27

器のほうも、紙で包んでありましたが、その下にはクッション材でさらに包んでくれています。ラッピングが丁寧です。

28

カトラリーはかわいいリボンでステキなパッケージング。

29

カトラリーの持ち手はかわいい動物たちが彫られています。

 

こちらのお店はオンラインショップもあって、同じラッピングを用意しています。今日レポートした袋タイプのラッピングは、無料です。

 

 ○専門家からみた特別感(ミワ目線で)

今回は、トレーの特別感をレポートします。これまでレポートしてきたウレタン塗装している漆器の肌触りの中でも一番といっていいほど、木の風合いが極限まで生かされていました。むしろ塗ってないんじゃないか?っていうくらいです()。天板の木目のザラザラした凹凸はそのままで木のいい味が存分に楽しめます。これはメーカーの松屋漆器が開発した「白木塗」という独自の技法。マットで透明な塗料で仕上げることで木目がきれいに素材感を最大限に生かせるそうです。木の風合いが好きな方への贈り物に大変オススメです。

 

○日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

01

今回はショップ店員さんにお任せで選んでもらいましたが、こんなにすばらしい器に出会ったのに、カトラリーがステンレスっていうところが非常に残念。ステンレスのほうが完全に硬いので、木の塗装がはがれやすくなってしまいます。なので、カトラリーも木でセットするのがいいですね。もしくは、やわらかい素材のプラスチックでもいいと思います。iiwanはちょっと硬質のプラスチックなのでできればポリプロピレンくらいの軟質なタイプがおすすめです。

でも、iiwanとの見た目の相性があまりにもマッチしていたので思わず写真を撮ってしまいました~↓↓

30

コーンイエローだと同系色なので自然な感じでイイ!

31

プチ食い初めにも合う~!!

32

ピンクのワンカラー入るとかわいらしくなります。

33

男の子にも~!!

※ボクのテンションが上がりすぎてレポートとはなんら関係ありません。すみません()

 

今回紹介した食器は、公式オンラインショップに一部取扱されています。

公式HP:http://www.deuxc.net/

公式通販:http://shop.deuxc.net/

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

※ここでレポートしている内容は、子どもが使うことを真剣に考えたボクの感想と評価です。だからこそ嘘偽りなく、良いと思うこともそうじゃないことも正直にレポートしています。

日 付
記録者
美和けいいち
件 名

今日は、みよし漆器のデラックスセットをレポートしています!!

23

カトラリーの持ち手の自然なカーブは、使い始めの子どもにはとても使いやすい工夫です。いやぁー、本当にアイデアはイイんです!!

 

さて、今日の晩ごはんは

24

メニュー

・玄米ごはん

・お刺身

・卵豆腐

・お味噌汁

・お茶

今日はボクの大好物のお刺身~!!ボク、こう見えてヘルシーなお刺身が大好きなんです。写真だけ見るとかないヘルシー感ありますが

25

ボクが入ると急にジューシー感~!!

 

○専門家からみたギフト度(バァバ目線で)

実はみよし漆器さんはホームページのつくりが秀逸です。とても見やすくて写真もきれい。届いたときの梱包状態はというと、ホームページの印象とギャップがあって、商品が漆器だからもうちょっとしっかりしたパッケージが良かったかなという印象でした。ではさっそく見ていきましょう!

26

おぼんが大きいので結構大きなパッケージです。無地だったので、「みよし漆器」のロゴがあると良かったですね。

27

フタを開けるとこんな感じ。おぼんは透明の袋に入っています。薄葉紙がクッションの役割をしているのかしていないのかよくわからない。

28

商品一つ一つはとても丁寧に包まれていました。

29

カトラリーも透明袋に入っていて衛生的です。

30

引用:http://item.rakuten.co.jp/miyoshi-ya/c/0000000182/

今回、ボクはラッピング注文しませんでしたが、無料でラッピングとお熨斗のサービスがあります。

 

みよし漆器は「漆器」という伝統工芸品としては、価格帯が非常に抑えられていて購入しやすさはありますが、一方でギフト感もそれなり、といった印象。「必要最低限」ギリギリないかなぁ。厳しいレポートになってしまいましたが、やっぱりギフトではイイモノをいいカタチで贈りたいですからね。

 

○専門家からみた特別感(ミワ目線で)

本来なら日本の三大漆器のひとつである紀州漆器の素晴らしさについて思いっきり語りたいんだけど、、、

紀州漆器の素晴らしさは、また別の機会でレポートしたいと思います。

 

○日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

31

写真は別日に使ったときのものですが、やっぱりおぼんの反りが気になってもはや笑えてきます。

漆を塗ってしまっているので、使い込んでいくうちに次第に漆が浸透していき、この反ったカタチで硬く丈夫になっていくことでしょう。

今回、みよし漆器を利用された方が一部レビューしていることでもありますが、ウェブサイトのつくりと写真がとてもきれいなんです。通販は、そういった「イメージ」で購入してしまいがちですが、届いたときにイメージと違うってガッカリされた経験もあるかと思います。そうならないために、通販でのチェックポイントをいくつかご紹介しますね。

 

1.必要な情報がきちんと表記されているか。

素材・耐熱温度・原産国・サイズなどの商品の紹介がきちんとされていること

2.写真は充実しているか。

実際に商品を手にとって見ることができないからこそ、ひとつひとつリアルな写真を載せていると実際に使うシーンを想像しやすいので、イメージとのギャップが少なくなります。

3.お届けの状態が紹介されているか

ギフトラッピングだったり、梱包の様子などがしっかり説明されていると安心です。

4.第三者評価があるか。

食器に関してですが、日本では食品衛生法があります。「安心・安全」という表記があった場合は、その根拠がきちんと表記されていなければ、それは単なる売り文句ですので注意です。

 

すばらしい商品を販売されるところは、お客さまにより分かりやすく丁寧にその素晴らしさを説明したくなっちゃいます。ときどき「ALL活字」みたいなウェブサイトも見つけますが()、でもそれだけ伝えたいことがたっくさんあるということなんですね。

あっ!

ボクも活字だらけになってきたので、ここらへんで今日のレポートを終わりにしたいと思います。長らく読んでいただいてありがとうございました!!

 

購入元HP:http://www.rakuten.ne.jp/gold/miyoshi-ya/

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

※ここでレポートしている内容は、子どもが使うことを真剣に考えたボクの感想と評価です。だからこそ嘘偽りなく、良いと思うこともそうじゃないことも正直にレポートしています。

 

日 付
記録者
美和けいいち
件 名

今日は、みよし漆器本舗の天然木お子さまセットをレポートしています!!

 

今日の晩ご飯は・・・

33

スーパーサポーターのiiwanとコラボしております。

メニュー

・玄米ごはん

・みんな大好きからあげ

・コーン(iiwanだしね!)

・サラダ

・中華スープ

・お茶

34

このカーブには、ボクもうっとりしちゃいます~。

 

○専門家からみたギフト度(バァバ目線で)

こちらのセットはみよし漆器本舗で購入して税込4,835円でした。

23

名入れサービスを利用する場合は、税込6891円です。こちらば届くまでに1週間ちょっとかかります。いずれにしても漆器でこの価格はかなり安いです。

ではさっそく届いたときの様子をレポートしていきますね!

24

配送ダンボールを開けます。サイドにはクッション材がありましたが、いきなり包装紙!

ダンボールの耳が重なっていたので、中身が切れることはありませんでしたが、ちょっとヒヤリ。

25

包装紙は漆器に似合う和柄です。

26

内熨斗がかかっていました。ボクは表書き無しで注文しましたが、印刷サービスあります!

27

パッケージボックスは「イエロー」!!!!

しれっとiiwanと記念撮影・・・。

28

中を開けると紀州漆器のカードとお店からのメッセージが入っていました。ここにも産地の記載はありませんでした。(気にしすぎ??)

29

そして、肝心の商品たち。丁寧にひとつひとつ包まれています。写真上部に写りこんでいる白い物体は、商品が中で踊らないように固定するための厚紙です。

30

包まれ方は、これまでレポートしてきた中で上位にはいる丁寧さ!!感動!!!

31

セットの出来上がり!

 

本格漆仕上げでなおかつ子どもが使いやすいことを一番に考えてつくられたデザインを考えるとコストパフォーマンスがいい商品だと思います。

販売は、アマゾン・楽天・ヤフーなどの総合通販サイトで販売されていますので、気軽に購入することができます。

ボクは今回、みよし漆器本舗が出店している楽天で購入しました。

32

引用:http://www.rakuten.ne.jp/gold/miyoshi-ya/

サイト内はとても見やすくてショッピングしやすかったです。

 

○専門家からみた特別感(ミワ目線で)


やっぱり日本の塗りは美しい。ツヤと細部にいたる正確な塗り。

参考までにみよし漆器本舗で購入したもうひとつのアイテムをお見せします。

35

中央がくすんでいるのがわかりますか?

こちらはお店からの回答によると塗りが中国です。

こうやって比較してみると、改めて日本の塗り技術の高さを感じますね~。

 

○日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

36

フォークの口に入る部分がトゲトゲしています。ささくれみたいに。

これはぜったいNGでしょ。たまたまかなぁなんて思ったんですが、購入サイトのレビューで同じことを書かれている方がいらっしゃいました。せっかく漆で仕上げていても、子ども食器としての初歩的なことが大切にされていないのは、本当にガッカリ。

「製造が中国・漆仕上げが日本」と、まさに生産国の品質の違いを一つの商品で目の当たりにしたわけですが、どこで生産したとしても、どこで仕上げたとしても、商品の品質を守るのはやはりそのメーカーの責任だし、お客さまからしたらメーカーへのイメージに直結します。

「安いものは低品質」という時代でもなくなってきていますので、これはぜひとも改善してほしいです。

 

購入元HP: http://item.rakuten.co.jp/miyoshi-ya/1447238/

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

※ここでレポートしている内容は、子どもが使うことを真剣に考えたボクの感想と評価です。だからこそ嘘偽りなく、良いと思うこともそうじゃないことも正直にレポートしています。

日 付
記録者
美和けいいち
件 名

今日は、たち吉のめぐみお食い初め揃<かぶと>をレポートしています!!

今日は、この夜記事が一番楽しみでした。

というのも、たち吉の歴史は250余年。

それまで大切に受け継がれてきた建物が焼失する火事で一度は危機に瀕したたち吉でした。

しかしその後、今では当たり前のセット販売や、商品説明書、ノベルティなどを日本で初めて編み出していくことでとても多くのファンがついて今のたち吉に至ります。

13

「器をギフトに」

それまでの器は日用品。贈り物ではありませんでした。

器を愛し、器を通じて人に心を伝えようと考えたのがたち吉でした。

 

同じくiiwanをギフトとして喜んでもらいたいボクから見た、たち吉のお食い初め揃のギフト度とは??

と、その前に、今夜もたち吉で晩ご飯~。

D01

やっぱりスキです、蓋をあける瞬間。

晩ご飯のメニュー

・玄米ごはん

・ハンバーグ

・コーンスープ

・サラダ

・お茶

 

○専門家からみたギフト度(バァバ目線で)

まずは、配送用ダンボールから。

14

このたち吉のロゴがただならぬ雰囲気を醸し出していました。

15

専用の封テープは幅があって、高価なものが届いた!という印象を受けます。

手にした配達員全員が見えるようにメッセージも付いています。

16

今までのどの梱包よりもぎっしりきっちり固定されていました。

上のエアクッションを外すと

17

周りをぎっちりガードされています。

まるで重要人物の護送のときのようなガードっぷり!

18

昔ながらの包みですね。紐で縛ってあるのでテープは付いていません。

19

結び目が下に、でも置いた状態で解くことができます。

たち吉オンラインショップでは2種類の包装があります。

20

引用:https://tachikichi.jp/index.php/user_data/noshi

どちらもきちんとしたシーンでも喜ばれる包装です。

21

そして包装紙を剥がすと、箱の正面に「めぐみ」。

お食い初めセットの商品名。

22

この箱の蓋をとるとまっさらな台紙がありました。

この台紙の下にはたくさんの説明書たち。

23

    お食い初めのこと

24

    磁器の取扱書

25

塗り物の取扱書

26

    品質表示

27

    たち吉カード

結構多いですがひとつひとつがそんなに長い文章ではありません。

28

一番上にお膳があり、その下に器たちが、それぞれのお部屋に丁寧に入っています。

29

お膳と器の間に仕切りの厚紙が入っていますが、取り出しやすいように工夫がされています。

これ、結構うれしいポイントです。

30

お膳には、2種類の包み紙。

クッションタイプと薄用紙です。丁寧です。

蓋のある器は、器と蓋とを別々で緩衝し合わないようにナミナミのある固い紙で包んでありました。

 

こちらのセットは税込で10,800円。

このアイテム数でこの仕上がりでこの価格に収まっていることにボクはとても感激しました。

購入はぜひともたち吉のオンラインショップがオススメです。

inyo_01

引用:https://tachikichi.jp/

ママやパパ用に揃えたくなるようなステキな器たちも選べちゃいます。

 

 

○専門家からみた特別感(ミワ目線で)

最高のパフォーマンスだと思います。

やはり、たち吉がいろんなところで発信している「心を伝える」という言葉のとおり、

丁寧なシゴトが商品に表現されています。

31

色合いも質感も、細部にいたる仕上げも、とても丁寧です。

32
飲み口のきれいな金の絵付けライン。

丁寧につくられた贈り物は、その贈り主の想いまで丁寧に運んでくれます。

 

○日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

たち吉は日本全国にある、その産地ごとに得意な製法でつくられた器を販売しています。

つまりたち吉のコンセプトに基づいてつくられた、日本全国の伝統ある焼物や塗り物たち購入できるということです。

その中でもボクが一番気になったのは、やはり塗り物。

塗り物は塗ってしまうため、中の素地が見えません。

見えなくても素地にも安全なものを使っているメーカーもあれば、

正直、何をリサイクルしてできたかわからない粗悪な素材を使っているところもあります。

 

たち吉では、全ての素地の表記を分かるところはきちんと細かく表記しています。

細かく表記できるということは、自信があるからです。

ぜひそういった目でお買物してみてください。

きちんと選んだ器は、きっと丁寧に使いたくなるはず。

 

購入ショップHPhttps://tachikichi.jp/

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

※ここでレポートしている内容は、子どもが使うことを真剣に考えたボクの感想と評価です。だからこそ嘘偽りなく、良いと思うこともそうじゃないことも正直にレポートしています。

日 付
記録者
美和けいいち
件 名

今日は、たち吉のめぐみお食い初め揃<かぶと>をレポートしています!!

09

ごはんをいただくとき、蓋がしてあるとすごくワクワクしませんか?

ボクの写真はいつものお昼ご飯なんですけど、しかも自分で蓋をしましたけど()

ほら、旅館に泊まりにいったときに頂くお料理、必ずと言っていいほど蓋付きの器ありますよね?

そして、開けたとき「うわぁ~~~!!」って感動しませんか?

はい、再現です。 ↓

10

(何度も言いますが、ボクのお昼ご飯は自分で用意していますのでさほど驚きません。)

 

お昼ごはんのメニュー

・玄米おにぎり×2

・梅干し

・煮物

・サラダ

・ウインナー

・お味噌汁

・お茶

 

○実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

まず最初にお伝えしておかないといけないことが、3種の器は磁器でできていますが、金銀絵付けが施されていますので、電子レンジや食洗機はNGです。

11

電子レンジに入れようとしてスタッフにすごい勢いで止められました()

ちょっと勉強不足。反省しています。

 

ということで、電子レンジはすべてのアイテムでNG。

食洗機はお吸物椀においては「可」ですが、オススメしません。

塗り物なので剥がれてしまう場合があります。

全体的に手洗いでやさしく洗ってしっかり乾かして保管するといいかと思います。

 

○実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

磁器とプラスチックのセットですので、日常使いで永く使える商品です。

12

パッケージを開けると、こんな感じで説明書が入っています。

素材によって扱い方が違うので、それぞれの紙に記載されています。

きちんと読んで丁寧に扱っていけば永く愛用できる商品です。

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

↑このページのトップヘ