子ども用食器博士の飽くなき愛情 Dr.Shockilove

日本一やさしい食器をつくっている、その張本人の日常を記すドキュメンタリー!

MY FIRST DISH
Starbrand 小さな会社のブランド戦略

カテゴリ: 木製・竹製食器

日 付
記録者
美和けいいち
件 名

今日は、111日間限定ブログ最終回「輪島キリモト」をレポートしています。

18

ここまできたら、ラッピングなんてなくてもいい!って言いたくなる。

でも反面、期待しちゃってるボク()

 

でもまずは、今日の晩ご飯

19

・玄米ごはん

・サラダ

・魚のフライ

・卵豆腐

皆さん、見てください。

この美しい卵豆腐。これまで、こんなに美しい卵豆腐を見たことありますか??

器って、すごい。日本人って、すごい!!

 

さて、いよいよ夜のレポートに入ります。

○専門家からみたギフト度(バァバ目線で)

冒頭で期待しちゃってるといいましたが、やっぱり期待通りでした。

仕事が丁寧な輪島キリモトは届けるところまで丁寧でした。

 

20

無地のダンボールで届きました。いつも通りザックザック切っていきましたが、クッション材がぎっしり。

21

輪島キリモトの工房の写真。レトロ感がステキ。

22

無料のラッピングは、クッション材にくるっと包まれた状態でダンボールに入っていました。

23

使っているテープは剥がしやすいメンディングテープ。

24

入っていたのはこの3点。

25

和紙調の包装紙に、リッチなサテンリボンが、輪島キリモトの「伝統」+「新しいこと」を連想させます。

26

読みやすい字体に、日英表記。デザイン性も読む人のことも考えてデザインされたリーフレットが洗練されています。

27

輪島キリモトからのメッセージはポストカードになっています。裏面はさっきのレトロなキリモト工房。

28

サイドの留め位置は内側に折り返されています。ていねいだなぁ。

29

包装紙を取ると、和紙調のボックス。

30
一番上に、まずクッション材。ここ、あんまり気づかれないポイントですが、パッケージボックスの中も配送時に左右上下に動くため、直接箱に当たらないためのクッションです。

31

こどもスプーン。

32

取り扱い説明書です。昼のレポートであった「創る人々」ね!

33

ココ!!!!

サイドにクッション!そして、ただ詰めてるだけじゃない。ていねいに詰めてる。

感動です。なんなら、取り出したくないくらい、美しいとすら思います。

18

でも、取り出しま~す()

 

商品価格は、おわん()が14,040円、こどもスプーンが12,960円。写真のラッピングは無料です。

 

○専門家からみた特別感(ミワ目線で)

輪島キリモトは多種多様な塗りの技法があります。その木、その用途に応じた技法を輪島キリモトが独自に開発しています。だからその仕上がりの表情は、まさに独特。漆器は漆器でも、従来の輪島塗とはまた一線を画した漆器です。

しかも、ただ見た目がいいだけじゃない。使い勝手もいいからお祝い事のためだけじゃなく、日常でも使ってほしいという想いが込められているように感じます。

 

特別な器であって、毎日使えるもの。

ということは、「毎日が特別になる」。そんな器です。

 

○日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

無い!!()

 

ボク以上にある意味マニアックだと思います。

ボクなんてヒヨッコ。

あーだこーだ言いたくない!

隅から隅までマニアック(プロフェッショナル)な人が作っているから、ボクはあえてここでは言葉にしません。

 

「おい!最終回の最後がこんなコメントかい!?」って思いましたよね()

でも、ボクは最終回のコメントが「言葉でまとまらない」くらいの器に出会えて、最高に幸せです。

 

今日からしばらくボクは輪島キリモトに浸ります。

 

ボクのセカンドシーズンまで、またきっと色々なハプニング起こるでしょう。

 

あ~、漆器の旅、再開しよっかな~。

 

楽しそうだな~。

 

いつかまた近いうちに、みなさまにお会いできるよう、

さらにおもしろいことを考えて帰ってくることをお約束します!

 

では!

34

 

 輪島キリモト公式サイト:http://www.kirimoto.net/index.html

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

※ここでレポートしている内容は、子どもが使うことを真剣に考えたボクの感想と評価です。だからこそ嘘偽りなく、良いと思うこともそうじゃないことも正直にレポートしています。
日 付
記録者
美和けいいち
件 名

今日は、111日間限定ブログ最終回「輪島キリモト」をレポートしています。

14

思わず両手で包み込むようにして持ちたくなるような上品で愛着のわく器。

輪島キリモトでは器のみならず、名刺入れもつくるなど、古くから伝わる伝統のステレオタイプにとらわれず常にカタチを変えて新しいことにもチャレンジされています。

 

今日のお昼ごはんは

15

・玄米おにぎり×2

・梅干

・エビフライ

・サラダ

・スープ

お昼はサクサクえびフライのため、iiwanフォークをお供に連れてきましたよ~。

16

見てみて!お父さんと子どもみたいじゃな~い????

コラボしたいなぁ・・・。プラスチックに漆の「合成漆器」というのは既にありますが、全塗りじゃなくて、それぞれの特徴を生かしながら、デザインできたら楽しそうだな~。

 

○実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

そもそも漆器ってとても丈夫な器 (正しくは、ちゃんと使うことでもっと丈夫になっていく器) なんですが、蒔地仕上げをすることで、さらに強度を増しているそうです。公式サイトには、金属製のカトラリーでもキズがつきにくいとのことです。

17

これは素晴らしいです。もっとも、ボクはカトラリーも漆器で揃えたくなりますけど、でも既におうちにある金属性のカトラリーを使っても、安全に使えるということ。

忙しいママにとって、イイ器は使いたいけど取り扱いが難しい、となるとちょっと考えちゃうし、うっかり「やっちゃった!!!」なんてこともあるでしょう。取り扱いがシンプルなのがイチバンですからね。

漆器で、金属製カトラリーを使っても傷つきにくいなんて、まさにミラクルです!!!

 

○実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

「布着せ」ってご存知ですか?木の器に網目の粗い布を着せて、その上から糊漆を重ねていきます。そうすることで布と木地が一体化して強度が増し、欠けや割れを防いでいます。

さらに、それでも万一欠けてしまった場合には、修理が可能とのこと。

 

漆器の最大の魅力は使うたびに丈夫になっていき、使えば使うほどに違う表情を楽しめることです。

 

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

日 付
記録者
美和けいいち
件 名

最終回の今日レポートする食器は、レポート史上最も高価な食器です。

高価だから最終回にってわけじゃなく、最終回に選んだ理由はオーラです。

やっぱり紅白歌合戦でも大トリはオーラがすごいじゃないですか。

その大トリにふさわしいと思う食器が「輪島キリモト」でした。

01

漆器といえば、表面がつるっとした光沢のある表情をしているものが思い浮かびますが、こちらの「おわん」と「こどもスプーン」は表面がザラザラしています。この仕上がりは、輪島キリモトの独自技法「蒔地仕上げ」。通常下地に用いる珪藻土の粉を表面に蒔いて漆を塗りこむことで、細かい凹凸が生まれ、その手触りと表情がユニークで通常の漆器と異なります。

 

そんな食器でいただく今朝のごはんは

02

・玄米おにぎり×3

・梅干

・ウインナー

・なすの煮浸し

・コーンスープ

・フルーツ

・オレンジジュース

たくさん食べたいボクにはiiwanとのコラボが当たり前になってきて、もはやiiwanが占める面積のほうが大きくなってる・・・。

でもちゃんと輪島キリモトのレポートは進めていきますぞ~。

03

こどもスプーンは、お子さんに離乳食を食べさせてあげるときにママやパパが使うことも考えられてつくられた子ども用のスプーンです。ご覧のとおり、ボクも使いやすくて・・・満面の笑みがこぼれています()

 

○実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

04

まずはおわん。直径11cm弱で、高さはおよそ5cmです。高台は約8mmです。子どもが持って食べるのにちょうどいい高さといえます。

05

引用:http://www.kirimoto.net/index.html

実はこのおわんには、大中小の3サイズあって、家族や兄弟姉妹で大きさを変えて揃えることができます。

06

そしてこどもスプーン。14.5cm。でも口に入れる器部分は横幅2.4cm&縦幅2.5cmちょっと。横幅はiiwanスプーンと一緒!!

ボクが思う赤ちゃんの口のサイズと適したスプーンの横幅の計算が見事に一致しているということだ!

感動!うれしい!

07

さらに、子どもが持ちやすいように工夫された持ち手の豊かなカーブも、iiwanと通じるところがあります。

本当に世の中にこういう想いのあるモノがもっとたくさん増えたらいいなぁ。

08

大人が持つとこんな感じ。大人が持っても持ち手が太いです。その太さがあるからこそ、力を入れなくても安定して持てます。

09

食べさせてあげるときには、こうやって持つママもいますよね。この持ち方、オススメ。

10

持ち手の先端が平らになっているので、指の付け根部分に当てたときに滑らずしっかりフィットします。


もちろん子どもがゲンコツ持ちをして自分で使うこともできます。

口に入れる部分は子どもが持ってフィットするくらいの細さに削られています。子どもが持つ部分と大人が持つ部分で太さが変化しています。

「でも、子どもが持つには大きすぎて重そう・・・」って思ったそこのあなた!

見た目にかなりの重厚感があるので、確かに重そうに見えますが、重量なんとたったの9g!!!

A4の紙1枚が4gなので、A4紙2枚と1/4枚です。衝撃の軽さよ!

ちなみにiiwanスプーンは11gで、子どもが進んで持ちたがると好評いただいています。

iiwanも軽さと厚みにかなりこだわりましたが、こどもスプーンの軽さにはビックリです。

 

「子どもが使うこと」にプラスして「最初はママが使うこと」までを想定してデザインされたスプーンはとても貴重だし、何よりやさしい!!!!

 

○実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

言うまでもありませんが、天然木と天然塗装でできた食器なので、非常に安心です。

12

そして、使う人には丁寧に伝えてくれています。使用上の注意・輪島キリモトの紹介があって、、、ここまではきちんとされているメーカーさんもまぁまぁ存在しますが、ボクが感激したのは「創る人々」。

13

ボクが今、手にしているこの器がだれによって削られ、だれによって塗られ、だれがデザインしたものなのか、手書きの蛍光ペンでそれぞれラインが引かれていました。

右上には、どの食器のことか分かるように、これまた手書きで。

これはきっと、「私が責任をもって担当いたしました」という意味もあるでしょうが、ボクは、「ものづくり」というものを改めて教えてもらった気持ちでいます。ロボットが勝手に作っていってできたものじゃない。ひとつひとつの工程で、それぞれのプロフェッショナルが丁寧に丁寧につくりました。そうしてひとつの器ができました。そんなことを伝えられた気がした「創る人々」。

 

だから、素材云々より、これを見ただけでボクにとってはレポート史上最高の安心感です。

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

日 付
記録者
美和けいいち
件 名

今日は、la luz(ラ・ルース)itutuというブランドの子どものための食器ミニセットをレポートしています!!

19
ボクが購入したサイトは「zutto」。こちらのラッピング、とてもステキでした。後ほどご紹介していきます!

 

その前に今日の晩ご飯!

20

今日のメニュー

・玄米ごはん

・とうもろこし

・ウインナー

・そらまめの昆布和え

・半熟ゆで卵

・お茶

今日はトウモロコシがあるじゃないか~!!

おかず少ないけどテンション上がります~!

本当はiiwanランチ皿が登場して晩ご飯を盛り上げてくれるんじゃないかという淡い期待を見事に打ち砕かれたけど、トウモロコシがいるからテンション上がります~!!() () ()

 

では、夜のレポート開始です!!

○専門家からみたギフト度(バァバ目線で)

こちらの食器セットは、ミニセットですが、お値段はミニではありません()。しかし、高い!という印象はありませんでした。いくつもの食器を見て触って使っていると、その食器の作り手がいかに想いと時間と工夫をかけたか、ということが器を通して感じられるようになってきたからかもしれません。

きっと、これを子どもが使っている姿を見たら、そう感じると思います。

今回の購入金額は税込10,800円。ラッピング代は別途税込378円でした。

21

引用:http://www.shop-cielo.jp/SHOP/112080.html

こちらがミニじゃないほうのセット。風呂敷がセットになっています。

大切な人へ想いを届けるお食い初め祝いや出産祝いにピッタリです。

 

さて、届いたところからレポートをはじめていきますね!

22

今日も深めにカッティング~。

23

上部に若干の隙間がありました。

24

納品書を取り出したら、んん??手提げ袋?

25

袋に入って届いたのは初めて()。入れちゃうとシワシワになってしまうから別々のほうがうれしい。

26

購入先の「zutto」オリジナルの手提げです。

27

裏面は未晒クラフトでナチュラル感もありつつ手持ちのレッドが効いていますね!

28

はい、こちらが商品です!プチプチに包まれていました。

29

赤いリボンがアクセントになっていてステキなラッピングです。

30

手提げと同じ素材感で統一感があります。

31

包装紙を外すと、グリーンのペッケージボックスが出てきました。

32

取扱説明書もきちんと入っています。取扱説明書は、ボクたちが正しく長く愛用できるためのヒントが書かれているため、入っていることで商品への愛情を感じます。

33
アイテムはひとつひとつきれいに薄紙でつつまれていて、さらにクッションペーパーで包まれていました。丁寧~!!

34

はい、全員集合!!

購入先のzuttoで扱われている商品はとても厳選されており、ずっと使えるイイものをとても丁寧に分かりやすく魅せています。そのイメージ通りのラッピングであったと思います。

1点だけ、、、袋はたたんで入れてほしかった()。なんとなく、商品とダンボールの隙間を埋めるクッション代わりにしたような印象でした。

 

○専門家からみた特別感(ミワ目線で)

35

インテリアスタイリストがデザインしたことで、子どもすぎないシンプルでナチュラルな仕上がりで、それでいて子どもが使うこと、ママも使うことも考えられてデザインされた食器といえます。

大人の食卓にこの食器が並んでいてもまったく違和感なく調和する、むしろ食卓がよりオシャレになる、そんな器。素材にこだわる人の食卓にぜひ使ってほしい逸品です。

 

○日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

36

ボウルの口につけるところが、これまでボクがみてきた器のどれよりも究極に滑らかです。

内側の木の肌から口をつけるとこを通過して、そのまま外側まで指でなぞると、大なり小なり「切り替わり」が見られます。

37

それが平らになっているのが、こちら。

38

どんなにイイおちゃわんでも、このようにパーフェクトなカーブになっていないものです。(よ~く見ないと分からないレベルです)

itutuは違います。

39

切り替わりポイントがわからないほど完全にカーブしてカドがない。もはやガラス細工のような繊細な仕上がり。これは、すばらしい技術だし、目を見開かないと分からないような細部にまでのこだわり。脱帽です。

こんな食器にめぐり合えて幸せ~!!

 

la luz公式HP:http://la-luz.co.jp/

購入元:http://www.zutto.co.jp/

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

※ここでレポートしている内容は、子どもが使うことを真剣に考えたボクの感想と評価です。だからこそ嘘偽りなく、良いと思うこともそうじゃないことも正直にレポートしています。

日 付
記録者
美和けいいち
件 名

今日は、la luz(ラ・ルース)itutuというブランドの子どものための食器ミニセットをレポートしています!!

14

器と箸置きにはitutuのブランドマークがあります。「いつつ(5つ)」の点が連なったマーク。なんで、5つなんだろうって気になりますよね~。それは、5人のインテリアスタイリストとラ・ルースの木工職人が集結してできたブランドだから。インテリアスタイリストたちが「本当につくりたい、ありそうでなかったもの」をつくろうというコンセプトで始まったそうです。だから、子ども専用に作っているのではなくて、大人も楽しめるデザイン雑貨もあります。ちなみに、こちらの子ども食器を手がけたスタイリストさんは、自身もお子さんをもつママだそうです。ん~、いろいろ納得。

 

さて今日のお昼ごはんは・・・

15

・玄米おにぎり×2

・梅干

・からあげ

・サラダ

・オレンジジュース

16

箸には、かすかに滑り止めが施されていますね~。

17

ボクでもギリギリちゃんと使えました()

 

○実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

木の器に便利感を求めたいとは思わないんですが()、今回は、特に便利感を求めてつくられた器ではないので、その想いを汲み取り、あえて評価なしです!!

 

○実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

今回も例外ではなく、木製食器ではおなじみの「ウレタン塗装」なのですが、販売サイトでの表記には「水性ウレタン厚塗り塗装仕上げ」とありました。

厚塗り??

18

箸は確かに光沢があって、木の素材感よりも樹脂感があります。でも器のほうは、木の素材感がきちんとあります。ちなみに、「水性」という言葉に「おっ!」って思ったあなた!そうです。ウレタン塗装には油性と水性があります。油性は環境や健康への悪影響がある可能性があることで、徐々に水性へと切り替わっているようですよ。でも、耐久性が油性より劣ることから、なかなか浸透しません。だからこの食器も「厚塗り」なんですね。ママが安心して子どもに使えることが一番だから、丁寧に使って定期的にオイルメンテナンスしてあげることで長く使っていきたい器です。

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

↑このページのトップヘ