子ども用食器博士の飽くなき愛情 Dr.Shockilove

日本一やさしい食器をつくっている、その張本人の日常を記すドキュメンタリー!

MY FIRST DISH
Starbrand 小さな会社のブランド戦略

カテゴリ: プラスチック食器

日 付
記録者
美和けいいち
件 名

今日は、ミッキーマウスアイコン・ベビー食器セットをレポートしています!!

04

アイテム数はトレーを含めて全部で8個ですが、トレーにセットできるのは5個のアイテムです。離乳食最初のほうはこのセットで十分ですね!

 

さて今日のお昼ごはんは・・・

・玄米おにぎり×2

・梅干

・春巻き

・サラダ

・お漬物

・フルーツ

05

トレーにセットしたら、こうして配膳できるのは便利です!

 

○実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

06

朝レポートで書いたこと繰り返しになりますが、耐熱120度で、メーカーとしては電子レンジ・食洗機OK。さらに、消毒手段として、煮沸・電子レンジ・薬液OKとのことです。メーカーの表示を信用するならかなり便利ですが・・・。

 

○実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

素材がポリプロピレンですので、衝撃に強く落としても割れたりしません。

07

08

一方でそれぞれの食器の厚みが薄いのと、ミッキーさんの耳や指の形状部分にかんしてはひび割れなどがちょっと心配。

いずれにしても、プラスチックメーカーのボクとしては、電子レンジや食洗機は避けたほうが長く使えるような気がします。

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

日 付
記録者
美和けいいち
件 名

今日は、ミッキーマウスアイコン・ベビー食器セットをレポートします!!

ディズニーの子ども食器はいろいろなキャラクターでとても多くの食器が選べますが、今回ボクが選んだのは、ディズニーといえばやっぱり無視できない「ミッキーマウス」!!

01

ミッキーのアイコンがお皿になったとても楽しい食器セットです!

 

そんな楽しい今日の朝ごはんは

02

・美和けいいち特製のホットドッグ

・茹でとうもろこし

・サラダ

・コーンスープ

・オレンジジュース

肝心のミッキーさんのお顔がホットドッグで隠れてしまった・・・。というかもはやお皿として使えていません。

03

でもにぎやかで楽しい~!!

 

さて、いつものレポートにまいりましょう。

○実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

S01

まずは、ミッキーさんの顔から。器の幅は11.5cmほど。

S02

つぎにミッキーさんの手は、幅6cmほど。かなりミニサイズ。

S03

ミッキーさんのズボンは、最大で幅が7.5cm弱。

以上3点の深さはだいたい2.5cmくらいです。

S04

次にカトラリー。CDケースサイズなので、子ども用としては一般的なサイズ感です。

S05

口に触れる部分はとても丸みがあって小さめサイズなので、小さい頃から使えそうですが、かなり「しなり」があって、フォークはとても使いづらかったです。

S06

以上のアイテムがセットできるトレーは、最大幅35cm。

S07

次にコップ。口元の幅は7.5cm弱。高さは6cmちょっとです。

S08

最後におちゃわん。幅10cm、高さは5cm弱です。

 

全アイテム、小さめサイズで、トレーにセットできるアイテムにおいては手で持つことができるため、離乳食を食べさせてあげる時期にママにとっては持ちやすいです。

また、素材がポリプロピレンなのでかなり軽いです。お子さんが持つ場合も負担なく持ち上げることができると思います。

 

○実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

製品は愛知県春日井市で製品企画から製造まで一貫して行っているプラスチックメーカーの錦化成がつくっています。日本製のプラスチック食器です。多くのディズニー製品を作っている会社ですが、今回の食器に関してはひとつ安心できないところがあります。それは「電子レンジOK」のマークがありますが、耐熱温度は120度だというところ。プラスチックは日本ではJIS規格というものがあり、JISでは耐熱140度以上のものに「電子レンジOK」と記載可能であると定められています。なので多くの電子レンジOKなプラスチック食器は、第三者機関にて試験を行って表示しています。ところが、このJIS規格は、「絶対」ではないんです。会社独自の基準で電子レンジOKだね!っていうことで製品に記載しても違法ではありません。大切な子どもの口に触れるものが万一溶けてしまったらちょっと不安ですよね。

もし溶けたとき、素材から出る有害物質に関してもなにも情報がありませんでした。たとえば、どんな材料をつかっているのか、どんな印刷インクを使っているのかなど。

いわゆる、メーカーが安心安全を保証するものが何もなく、ボクはこれは子ども食器というジャンルとは違うような気がします。

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

日 付
記録者
美和けいいち
件 名

今日は、アフタヌーンティーのお食事セットをレポートしています!!

21

アフタヌーンティのラッピング。じつはこれかなり大きい箱できました()

 

ラッピングの話の前に、今日の晩ご飯!

22

今日のメニュー

・ネバトロそうめん

・出し巻き卵

・ウインナー

・オクラのカツオ和え

・お茶

二日連続でそうめんですが、今日のそうめんは、ネバトロです。夏の疲れた胃にやさしい献立!

 

では、夜のレポート開始です!!

○専門家からみたギフト度(バァバ目線で)

今回ボクが購入したのは、アフタヌーンティリビングの公式オンラインショップ。購入価格は税込で2,808円です。これとは別にラッピング代が税込で324円かかります。

さて、届いたところからレポートしていきます。みなさんをアフタヌーンティの世界へお連れしますよ~。

23

まずは恒例の深めカット。

24

これ!中に折り込まれていたダンボールに傷がつきましたが、商品はセーフです!!納品書の封筒の下にクッション材をかぶせています。ポイント高いです!!

25

クッション材を取り外すと、まず出てきたのが、専用の手提げ袋です。

26

紙質がリッチです!

27

いよいよ本陣です!!あれ??

28

これはすごい!ラッピングした商品をさらに透明バッグで包み汚れや擦れを防いでいますね。

29

そして、下にもフカフカのクッション!大切なギフト感が伝わってきます。

30

パッケージのフタについているオリジナルシールは素材とカラーのチョイスがバツグンで高級感があります。

31

手提げ袋の内側への折り返しもしっかり接着されていてとてもしっかりしたつくりです。

32

ジャストイン!!

33

そろそろラッピングボックスあけましょうか。

 

ん?

 

34

んん??

35

ラッピングボックスと商品パッケージのサイズにギャップありすぎやしませんか??()

36

ヒナが巣立った後みたになってる・・・()

 

まぁ、おもしろいからいいんですけど、ラッピングボックスが大きいとサイズへの期待も大きくなりませんかね。

 

○専門家からみた特別感(ミワ目線で)

そうですね、ちょっと難しいですが、ラッピングの過剰なまでの演出の割りに、肝心の食器の品質が追いついていないように思います。もちろん、コップの持ち手を小さめにしたり、滑り止め付きで食べやすくしたり、といったアイデアはあったものの、どこにもない特別感は見つかりませんでした。

37

たとえば、このカトラリー。印刷位置がずれているの、分かりますか?本当に小さいことですが、ラッピングがよかったために、逆に目立つカタチになってしまいました。

 

○日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

パッケージの仕上がりが素晴らしいんです。

38

反射しているところ、見えるかな。

これね、コーティングしてあるんですよ。折り目のところの補強。

乾燥シーズンは特に、紙が厚ければ厚いほど、折ると割れができる可能性があります。割れると中の白い部分がちょっと見えて、せっかくきれいに塗ったパッケージカラーがちょっと残念なことになります。iiwanの昔のパッケージもそうでした。パッケージの強度を高めると割れやすくなっちゃうんです。

割れ防止のコーティングまできちんとされているのは、素晴らしいです!!

 

アフタヌーンティリビング HP:https://www.afternoon-tea.net/living/

購入元:http://shop.afternoon-tea.net/shop/default.aspx

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

※ここでレポートしている内容は、子どもが使うことを真剣に考えたボクの感想と評価です。だからこそ嘘偽りなく、良いと思うこともそうじゃないことも正直にレポートしています。

日 付
記録者
美和けいいち
件 名

今日は、アフタヌーンティーのお食事セットをレポートしています!!

17

ブレーメンの音楽隊が印刷された、にぎやかで愛らしいベビー食器です。

 

今日のお昼ごはんは・・・

18

・玄米おにぎり×2

・梅干

・アジのフライ

・ポテト

・サラダ

・お茶

19

ごちそうさまでした!やっぱりボクには、サポーターのiiwanがいないと生きていけそうにありません()

 

 

○実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

この食器の最大の特長でもある、吸盤つきのプレートは、洗うときはちゃんと吸盤を外すことができるので、とっても衛生的だし洗うのがラク~!

20

食堂のシンクでしっかり洗って別々で乾かして家に持ち帰りました~。これは便利!

さて、朝レポートのクイズの答えです。食洗機が使えるか使えないか、でしたね。

答えは

 

使えます!!

食洗機は、電子レンジのようにマイクロ波を出すわけではないので、食器自体が熱くなることはありません。がしかし、高熱にかなり強いっていうわけではありませんので、やさしく使っていきましょう。

 

○実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

軽くて丈夫なのが特長のメラミンでも、高温にはそこまで強くないので、煮沸消毒は短時間で行うか、除菌はアルコールにしたほうが長持ちします。丈夫=なんにでも強い!みたいなガンダム並みの強靭なものを描きがちですが、食器も得意な分野と不得意分野があるので、そこを理解した上でやさしく使ってあげましょう!

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

日 付
記録者
美和けいいち
件 名

今日は、アフタヌーンティーのお食事セットをレポートします!!

01
今回の食器セットは「ベビー用」ということで、お皿ひとつ、コップひとつのシンプルなセットです。

 

今日の朝ごはんのメニューは

02

・玄米おにぎり×3

・梅干

・サラダ

・ポテサラ

・ウインナー

・豆乳

スクランブルエッグがあったら最高だった・・・。

03

ん?おにぎり3つ入っている・・・ということは、そんなに小さめサイズではなさそうですよ~。

04

朝からのぞきをしているわけではありません。けっこう小さめの持ち手スペースです。っていうのを体で表現しています()

 

さて、では本題の感想です。

○実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

上記でもサイズ感についてはちょっと触れましたが、詳しくみていきましょう~。

05

まずはカトラリーから。長さは14cmほど。

06

口にいれる部分の横幅は3cmくらい。

08

長さは4cmくらい。正直、ベビー用というわりにかなり大きい。


こうやってiiwanと比較すると一目瞭然です。アフタヌーンティのカトラリーは、長さとしては、離乳食完了期あたりが適当ですが、形状から考えると、結構上手にカトラリーを使えるようになってからじゃないと使うのが難しいと考えてしまうかも。

09

次にマグカップ。容量は150ml。

10

高さが7cm弱

11

口元の直径は8cm。

12

持ち手の部分、大人だと指2本分くらいです。意外とね、ベビー用でもココが大きすぎるところが多いのですが、これはGOODです!

13

プレート(プレートというよりボウルな気がしますが、公式サイトで「プレート」とあるので「プレート」と表記します)は、口幅12.5cmくらい。高さは4cm。

14

そして、大きな吸盤付きでくっつきま~す!!!

 

マグカップもプレートも自分で食べようっていう時期にとてもオススメなサイズ感でした。カトラリーが惜しい!!

 

○実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

素材はメラミン。ボクが購入したときにはパッケージの中にもパッケージ自体にも一切の説明書が入っていなくて、それぞれのアイテムに必要最低限の、たとえば耐熱温度とか原材料とかが記載されているシールが貼ってあります。そして、耐熱が120度とのことなんですが、電子レンジやオーブンの使用はNGとあるものの、「食洗機は?」っていう疑問が残ります。ここはちょっと不親切ですね~。みなさんはどっちだと思いますか?メラミンでメラミン自体が発熱するし、、、でも120度の耐熱あれば食洗機いけるのかな、、、。正解は、昼レポで!

話変わって、原産国がタイなんですが、ちょっと不安に思ったところをいくつか挙げます。

15

まずこのフォークの先端のブツ切り感() もはや金太郎飴?

16

カトラリーの太さの違い。右のほうがカトラリーの厚みがあることが分かります。これがもし、スプーンとフォークで厚みを意図的に変えているのなら、そう教えてほしい。でもこの形状のカトラリーで変える必要性はなさそうです。

 

安心感ポイントで見ると、食器というより、おもちゃに見えてきた~!!

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

↑このページのトップヘ