今日は、111日間限定ブログ最終回「輪島キリモト」をレポートしています。

18

ここまできたら、ラッピングなんてなくてもいい!って言いたくなる。

でも反面、期待しちゃってるボク()

 

でもまずは、今日の晩ご飯

19

・玄米ごはん

・サラダ

・魚のフライ

・卵豆腐

皆さん、見てください。

この美しい卵豆腐。これまで、こんなに美しい卵豆腐を見たことありますか??

器って、すごい。日本人って、すごい!!

 

さて、いよいよ夜のレポートに入ります。

○専門家からみたギフト度(バァバ目線で)

冒頭で期待しちゃってるといいましたが、やっぱり期待通りでした。

仕事が丁寧な輪島キリモトは届けるところまで丁寧でした。

 

20

無地のダンボールで届きました。いつも通りザックザック切っていきましたが、クッション材がぎっしり。

21

輪島キリモトの工房の写真。レトロ感がステキ。

22

無料のラッピングは、クッション材にくるっと包まれた状態でダンボールに入っていました。

23

使っているテープは剥がしやすいメンディングテープ。

24

入っていたのはこの3点。

25

和紙調の包装紙に、リッチなサテンリボンが、輪島キリモトの「伝統」+「新しいこと」を連想させます。

26

読みやすい字体に、日英表記。デザイン性も読む人のことも考えてデザインされたリーフレットが洗練されています。

27

輪島キリモトからのメッセージはポストカードになっています。裏面はさっきのレトロなキリモト工房。

28

サイドの留め位置は内側に折り返されています。ていねいだなぁ。

29

包装紙を取ると、和紙調のボックス。

30
一番上に、まずクッション材。ここ、あんまり気づかれないポイントですが、パッケージボックスの中も配送時に左右上下に動くため、直接箱に当たらないためのクッションです。

31

こどもスプーン。

32

取り扱い説明書です。昼のレポートであった「創る人々」ね!

33

ココ!!!!

サイドにクッション!そして、ただ詰めてるだけじゃない。ていねいに詰めてる。

感動です。なんなら、取り出したくないくらい、美しいとすら思います。

18

でも、取り出しま~す()

 

商品価格は、おわん()が14,040円、こどもスプーンが12,960円。写真のラッピングは無料です。

 

○専門家からみた特別感(ミワ目線で)

輪島キリモトは多種多様な塗りの技法があります。その木、その用途に応じた技法を輪島キリモトが独自に開発しています。だからその仕上がりの表情は、まさに独特。漆器は漆器でも、従来の輪島塗とはまた一線を画した漆器です。

しかも、ただ見た目がいいだけじゃない。使い勝手もいいからお祝い事のためだけじゃなく、日常でも使ってほしいという想いが込められているように感じます。

 

特別な器であって、毎日使えるもの。

ということは、「毎日が特別になる」。そんな器です。

 

○日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

無い!!()

 

ボク以上にある意味マニアックだと思います。

ボクなんてヒヨッコ。

あーだこーだ言いたくない!

隅から隅までマニアック(プロフェッショナル)な人が作っているから、ボクはあえてここでは言葉にしません。

 

「おい!最終回の最後がこんなコメントかい!?」って思いましたよね()

でも、ボクは最終回のコメントが「言葉でまとまらない」くらいの器に出会えて、最高に幸せです。

 

今日からしばらくボクは輪島キリモトに浸ります。

 

ボクのセカンドシーズンまで、またきっと色々なハプニング起こるでしょう。

 

あ~、漆器の旅、再開しよっかな~。

 

楽しそうだな~。

 

いつかまた近いうちに、みなさまにお会いできるよう、

さらにおもしろいことを考えて帰ってくることをお約束します!

 

では!

34

 

 輪島キリモト公式サイト:http://www.kirimoto.net/index.html

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

※ここでレポートしている内容は、子どもが使うことを真剣に考えたボクの感想と評価です。だからこそ嘘偽りなく、良いと思うこともそうじゃないことも正直にレポートしています。