今日は、ニトリのハッピービークルの子ども食器をレポートします。

『お値段以上~ニトリっ!!』のニトリさんです。ニトリでも子ども食器が買えるんですね。しかも結構いろんな種類がありますよ!!

01

引用:http://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/

これはお茶碗のページですが、お茶碗だけでこんなにも種類ある~!

02

ボクが購入したのはこちらの食器たち。男の子用でまとめてみました。

女の子用もありましたよ。

03

引用:http://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/

ピンク色のウサギさんの食器。でも在庫限りだそうです。入れ替わりが早いんだね・・・。

ボクがチョイスした食器なんてもうウェブサイトに載ってもいない・・・()

そんなレアな食器でいただく今日の朝ごはんいきましょう。

04

・玄米おにぎり×3

・出汁巻き卵

・ひじき

・きゅうりの漬物

・お味噌汁

・オレンジジュース

05

なんだか昔懐かしい感じ。小さい頃に似たようなコップを使っていたような気がします(笑)

06

おや、よからぬものを見つけてしまったよ!

 

さて、朝のレポートにまいりましょう。

○実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

07

まずはランチプレートから。横幅は23.5cmほどありますが、実際にお料理が入るエリアは20cmくらいかな。高さは19cmくらい。深さは2cmくらい。

08

iiwanと比べてみましたが、1cmくらい低いですね。

09

次はおちゃわん。最もスタンダードなカタチしていますが、ボクはこの高台がいい感じの高さだと思います。8mmほどの高台です。ここに手を入れて持ち上げやすくなりますので、高台があまり低いと持ち上げにくくなり、高すぎると安定しなくなります。器の深さは4cmくらい。直径は9.5cmくらいです。

10

次はコップ。直径は7cm。高さも7cmくらい。

持ち手の部分は大人の指で2本分くらいです。

11

最後はカトラリー。これは結構大きいぞ。

12

長さ14cm弱。よくあるサイズは代替CDの縦幅くらいなのでやや大きめですね。

13

器部分の横幅は3cmちょっと。ちなみに、iiwanは2.5cm弱。

ちなみに器部分の縦幅も0.5cmの差がありました。

 

離乳食を完了して幼児食になってきた頃にちょうど使いやすそうなサイズ感です。

14

特にスプーンとフォークは口に入る部分に結構厚みがあるので、口をワッと広げられる年齢になるまでは大きいかも

 

○実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

今回は素材がバラバラです。

カトラリーは木製、コップはポリプロピレン、おちゃわんは飽和ポリエステル、プレートは飽和ポリエステル+ABS樹脂。4種4様だ()

昨日の印刷剥がれのショックがあるので、めっちゃ一生懸命爪でこすってみましたが、いずれもはがれませんでした。良かったです!!

 

ただ、ボクはさっき、よからぬものを見つけてしまったわけです。

15

それがコレ。フォークにほくろがありますよ?よ~く見ると持ち手の部分の塗料なんだよね。

しかも、いいんだか悪いんだか、こすってもどうやっても取れません()

とれなければいっか~!なんて思えないボクは、やっぱり不安になります。これはマイナスポイントです。

ちなみにプレートの底面にも同じような斑点がありました。

色の塗り方も均一ではなく、垂れているのがわかるところもあります。丁寧につくっているというよりは「大量生産」感が感じられます。

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)