今日は、la luz(ラ・ルース)itutuというブランドの子どものための食器ミニセットをレポートします!!

みなさん、今日は海の日ですね。いよいよ本格的に暑さ到来です。水分補給を忘れないように気をつけて一週間楽しく過ごしていきましょう~!!

01

今回は海とは真逆の山!からの贈り物である、木製の器2種類と木製の箸、そして磁器製の箸置きがセットになった子ども食器です。

 

今日の朝ごはんのメニューは

02

・玄米おにぎり×3

・梅干

・出汁巻き卵

・なすの煮浸し

・お味噌汁

03

今日はスーパーサーポーターのiiwan、登場なしか・・・と朝食のボリュームに若干ガッカリする。。。

04
この箸置き、スプーンの形状になってる~!チャーミングです。

 

さて、では本題の感想にいきたいと思います。

○実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

上記でもサイズ感についてはちょっと触れましたが、詳しくみていきましょう~。

05

プレートは横幅は4cm弱。

06

ちょっとした深さがあるので高さは2cm強あります。

07

次にボウル。幅が10cmくらい。

08

高さは5cmほどです。子ども使うおちゃわんとしてちょうどいいサイズ感です。

09

最後に箸と箸置き。箸は14.5cm。

10

iiwanおはしの弟分ができた想いです。長さも太さも同じくらい!

 

サイズ感は、離乳食初期から子どもが自分でごはんを食べられるようになってからも長く使える「ちょうどイイ!」サイズです。箸がセットになっているので、離乳食卒業後を対象にしているのだと思いますが、ボクは、このプレートはママが持ちやすい形状をしているので、カトラリーをプラスすれば離乳食初期から使えると思います。

11

深すぎない深さと、お皿自体の厚みが手になじみます。

12

女性スタッフに持ってもらいました。女性の手の大きさにも小さすぎず大きすぎず、軽すぎず厚すぎず、で食べさせてあげる時期にも重宝しそうです。

 

○実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

itutuは神奈川県小田原市にあるla luzというデザイン木工メーカーがつくっています。ここは、国内生産にこだわっているそうです。そして、肝心の木自体はというと、現在は小田原市にある間伐材の利用を促進しているようですが、ボクの持っているitutuの材木は「カバ桜」。桜ではないのですが、桜と似た樺の木だそうです。桜をしのぐほど今ではポピュラーな木だそうですよ。では、どこの木を使っているか?は調べましたが不明のままでした。

13

しかしながら、このお皿の中央に点在する天然木由来とも思える黒い斑点を見る限りでは、ガシガシ漂白するようなところから買い付けてはいないと思います。商品が素晴らしいと思うと、さらにもっと知りたくなりますが、悲しいことに、このブランドは公式ウェブサイトに掲載されていませんでした。製造終了したのかな・・・。とっても素晴らしいのに。

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)