今日は、ひよこの器 おくいぞめ食器揃をレポートしています!!

 

今晩のメニューは

13

・玄米ごはん

・お味噌汁

・サバの塩焼き

・卵焼き

・煮物

・煮豆(ちょっと大量すぎやしないか・・・)

・お漬物

・フルーツ

・お茶

楕円皿がとても広いので、和食の会席みたいになって、いつもとは違って新鮮でした。

それにしても、煮豆・・・。

 

○専門家からみたギフト度(バァバ目線で)

今回、ボクが購入したサイトは、「こだわりやさん.com」という、こだわりのキッチンウェアを販売しているお店です。お食い初めセットの価格は税込で10,800円でした。出産祝いの贈り物にもいいですね!

さて、まずは届いた様子から見ていきます。

14

白いダンボールで到着しました。

15

中を開けると、新聞紙がクッション材になってぎっしり固定されていました。

16

ラッピングされた商品をダンボールから取り出すと、再度の中央にはクッションなし!!

なんで??

17

全体像はこんな感じ。

18

包装紙をはずしますと、商品が逆さになります。

木箱だし、大きいし、中は割れ物だし、、、って考えると、包装紙の最終留め位置は、底面ではなくて横がよかった。

19

蓋がはずれないように、そっとひっくり返すと、表には、こんなかわいいペイント

20

蓋をはずすと、一面クッション材。そして・・・

21

さらにクッション!もはやクッションを買ったのではないかと思うほどの量のクッション!!でもこれはうれしい配慮です。木箱なので、紙素材のパッケージより硬いため十分にクッションを埋めておかないと割れてしまう可能性があります。

22

もうひとつ細かな配慮。持ち手の空洞もきちんと埋めてくれています。

01

そしてこれが全員集合写真

取りあつかい説明書が一切入っていなかったので、ちょっと不親切だなと思いましたが、木箱内は丁寧に包まれていました。

この器、作家さんの息子さんが小さいときに息子さんの器に息子さんが大好きな絵本のひよこを描いてあげたことがきっかけだったのだそうです。それから30年。長く多くの人に愛されてきた、「お父さんから息子への食器」です。そんなエピソードが食器を受け取ったときに読めたならなぁと思います。

 

○専門家からみた特別感(ミワ目線で)

23

引用:https://allabout.co.jp/gm/gc/198084/3/

ひよこのおちゃわんには、小・大・小丼があるそうです。基本的には子ども用につくられていますが、家族でそろえてもかわいいです。

24

引用:http://www.kodawariyasan.com/hiyoko/yunomi.htm

お食い初めセットはマグカップでしたが、こんな可愛い湯のみもあります。

親子でおそろいのひよこ湯のみでお茶の時間をほんわかと楽しみたくなりませんか?

 

○日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

25

写真ではちょっと分かりづらいですが、スプーンの柄が若干ねじれています。天然の木で手作りしているのがよく分かります。使う上ではなにも不便がありませんので、逆にいいと思うくらい。陶器もひとつひとつ手でろくろを使ってつくるならば、同じものはこの世にふたつとしてないわけで、それが自分にとっての特別にもなります。

ボクの仕事では、より均一にすべてを同じようにつくることに尽力していますが、自然の材料を使う手作りの食器は、その逆です。

どちらがいいというわけではなく、どちらも、重要なのは使う人のことを想ってつくっているか、だと思うんですね。このスプーンはとても手になじんで、ねじれていることに愛着さえ湧いてきます。子どもたちもそう思える食器に出会えますように。

 

購入元HP:http://www.kodawariyasan.com/

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

※ここでレポートしている内容は、子どもが使うことを真剣に考えたボクの感想と評価です。だからこそ嘘偽りなく、良いと思うこともそうじゃないことも正直にレポートしています。