今日は、ひよこの器 おくいぞめ食器揃をレポートします!!

01

今回の食器は、皇室御用達のお食い初め食器のレポートです。愛子さまがお使いになられたそうですよ。

ひよこの絵付けがとっても愛らしい器です。それではスタートしましょう!!

 

今日の朝ごはんのメニューは

02

・玄米おにぎり×3

・フルーツ

・オムレツ

・サラダ

・たくあん

・コーンスープ

・豆乳

今日はひよこ食器なので献立も「オールイエロー」メニュー!!にしてみました。

03

そしてボクもひよこカラーシャツ!!

 

さて、本題の感想です ↓↓↓

○実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

04

まずは楕円皿。幅は20cmくらいありますので、お食い初めのタイをの器にピッタリ!

05

次にマグカップ。高さは6cmくらいでかわいらしいサイズですが、持ち手の耳が大きいです。

06

次に木椀。汁物を入れる器です。こちらは唯一無地の器。高さ5cmくらい。

07

最後にカトラリーと小皿たち。左からおちゃわん、小鉢、豆皿。器は幅が9.510.5cmです。お箸は16.5cm、スプーンは14cmくらい。スプーンの器部分は結構大きめなので、離乳食初期にはちょっと大きいかな、という印象。自分で食べられる頃以降に活躍しそうです。

 

お食い初め食器は、お食い初めのときにしか使えないようなサイズ・外観のものから、最近では、その後の離乳食も意識したつくりのものが多くなってきました。中には、ホテルや旅館、割烹料理店でお食い初めをされる方もいらっしゃると思います。そういった流れから、お食い初め食器を購入する機会が少なくなっていき、出産祝いでも、大きくなってからも使える食器が選ばれていますが、こちらのひよこの器は、サイズに幅があって、そして、適度な重さと厚みがありますので、100日目から離乳食、そしてその後の幼児食のときまで長くつかえる器です。

 

○実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

こちらのセットは陶器と木でできています。ついでに箱も木!!陶器はすべてろくろをまわして手作りなんだそうです。だから仕上がりが一つ一つちょっとずつ違いがあって、丁寧で温かみがある感触。木の器も作家さんが手作りなんだそう。箸やスプーンも含めて天然木を使っています。

08

余計なものは一切ない、素朴で味のある器です。

それぞれの器に厚みが釉薬も丁寧に塗られていますので、丈夫そう。

品質は大人用と変わりなく、この素朴でかわいらしいひよこが大人にも好評で子ども食器としてではなく購入される方もいて、品切れであることが多いそうです。

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)