今日は、レオ・レオニズ フレンズ ぱくぱくセットをレポートしています!!

inyo_02

引用:https://www.nikko-tabletop.jp/

器に載せたイチゴをフレデリックが狙ってる~!!!

・・・という感じにお子さんと会話が弾んだら楽しいですね()!!

さて、今日の晩ご飯のメニュー

10

・玄米ごはん

・春巻き(←再登場)

・マーボー豆腐

・煮物

・フルーツ

・お茶

 

○専門家からみたギフト度(バァバ目線で)  

こちらの食器は、ニッコーの公式オンラインショップから購入可能です。

価格はボクが購入したセットで16,740

名入れサービスもあって、その場合は19,440円になります。

そのほかにも、深皿無しのセットや、単品でも購入できるので、贈る相手に合わせて選べます。

包装は、無料ラッピングと有料ラッピングあり、熨斗のサービスもあります。

とても悔しいことに、またしてもラッピング無しのまま購入してしまったため、ラッピングの様子はお届けできません。ゴメンナサイ。

さてまずは、配送用ダンボールから。

11

届いたダンボールはニッコーオリジナル。

12

ダンボールの先を見て。

ダブルウォールといって、二重の壁になっていて強度があります。

大切な商品をお届けする、素晴らしい配慮です。

13

ノベルティが入っていました!

14

クッション材にきっちり包まれた中からでてきたパッケージはイエロー!!!!

15

箱を開けると一番最初に目に飛び込んできたのはなんと「絵本」!!

16

食器の絵柄になっているフレデリックの絵本です。

17

食器とセットです。

絵本の世界がご飯の時間にも!楽しく食事ができそう~。

18

ホテルのベッドメイキングであるアレと一緒です。

こういうのが一枚あるだけでも丁寧に送ってくれたことがうかがえます。

19

絵付きでストレス無く読める工夫がされているレイアウトだと思いました。

20

食器を取り出すと、さらに下に食器。

この丸い穴は、「下にもあるよ~!」っていう意味もありますが、取り出しやすいためでもありますね。

21

この保護紙、とても頑丈。

紙だけどしっかり保護してくれるクッションの役割もある。

 

細かいところまでケアされている商品でした。

そしてなにより、食器と一緒に絵本も贈れるのは、とってもうれしいサプライズになります。

 

○専門家からみた特別感(ミワ目線で)

先ほども言いましたが、食器と一緒に絵本が入っているってステキです。

今回、ボクが購入したのが、「フレデリック」です。

「子どもにはいろんな個性があって、そしてその個性がいつか誰かにとって助けになるときがある。」

そんなことを伝えているような絵本「フレデリック」を知ってから、この食器でご飯を食べると、なんだかボクもフレデリックとトモダチになれた気がしてきて食事が楽しくなりました。

 

絵本のストーリーと食事の時間を通じて、子どもの感性を刺激し、大切な感情を育むことができる、そんなギフトセットだと思います。

 

○日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

22

フレデリックのパッケージ、イエローとブルーで統一されています。

23

そして、製品の底面には「Blueandyellow, LLC」の文字。

レオレオニの作品の著作者が「ブルーアンドイエロー」という会社らしいのです。

そうなると、なんで「ブルーアンドイエロー」なんだろうって気になっちゃいます。

はっきりとは分からなかったのですが、朝記事にも書きましたが、レオレオニは元々グラフィックデザイナーです。

その彼が、絵本を初めて書いたのは彼の孫に絵本を描いて欲しいと言われたことがきっかけ。

そして、その絵本のタイトルこそ

「あおくんときいろちゃん」

レオレオニの絵本が、世界中の大人と子どもたちに愛され大切にされ続けるのは、レオレオニのことを詳しくは知らない大人や子どもたちがこの作品を手にしたとき、彼の孫を想うやさしい気持ちに触れることができ、そして彼の想いが、愛情たっぷりのご飯や絵本の読み聞かせを通して子どもに伝わっているからではないかな、と思いました。

 

  

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

※ここでレポートしている内容は、子どもが使うことを真剣に考えたボクの感想と評価です。だからこそ嘘偽りなく、良いと思うこともそうじゃないことも正直にレポートしています。