今日は、たち吉のめぐみお食い初め揃<かぶと>をレポートしています!!

今日は、この夜記事が一番楽しみでした。

というのも、たち吉の歴史は250余年。

それまで大切に受け継がれてきた建物が焼失する火事で一度は危機に瀕したたち吉でした。

しかしその後、今では当たり前のセット販売や、商品説明書、ノベルティなどを日本で初めて編み出していくことでとても多くのファンがついて今のたち吉に至ります。

13

「器をギフトに」

それまでの器は日用品。贈り物ではありませんでした。

器を愛し、器を通じて人に心を伝えようと考えたのがたち吉でした。

 

同じくiiwanをギフトとして喜んでもらいたいボクから見た、たち吉のお食い初め揃のギフト度とは??

と、その前に、今夜もたち吉で晩ご飯~。

D01

やっぱりスキです、蓋をあける瞬間。

晩ご飯のメニュー

・玄米ごはん

・ハンバーグ

・コーンスープ

・サラダ

・お茶

 

○専門家からみたギフト度(バァバ目線で)

まずは、配送用ダンボールから。

14

このたち吉のロゴがただならぬ雰囲気を醸し出していました。

15

専用の封テープは幅があって、高価なものが届いた!という印象を受けます。

手にした配達員全員が見えるようにメッセージも付いています。

16

今までのどの梱包よりもぎっしりきっちり固定されていました。

上のエアクッションを外すと

17

周りをぎっちりガードされています。

まるで重要人物の護送のときのようなガードっぷり!

18

昔ながらの包みですね。紐で縛ってあるのでテープは付いていません。

19

結び目が下に、でも置いた状態で解くことができます。

たち吉オンラインショップでは2種類の包装があります。

20

引用:https://tachikichi.jp/index.php/user_data/noshi

どちらもきちんとしたシーンでも喜ばれる包装です。

21

そして包装紙を剥がすと、箱の正面に「めぐみ」。

お食い初めセットの商品名。

22

この箱の蓋をとるとまっさらな台紙がありました。

この台紙の下にはたくさんの説明書たち。

23

    お食い初めのこと

24

    磁器の取扱書

25

塗り物の取扱書

26

    品質表示

27

    たち吉カード

結構多いですがひとつひとつがそんなに長い文章ではありません。

28

一番上にお膳があり、その下に器たちが、それぞれのお部屋に丁寧に入っています。

29

お膳と器の間に仕切りの厚紙が入っていますが、取り出しやすいように工夫がされています。

これ、結構うれしいポイントです。

30

お膳には、2種類の包み紙。

クッションタイプと薄用紙です。丁寧です。

蓋のある器は、器と蓋とを別々で緩衝し合わないようにナミナミのある固い紙で包んでありました。

 

こちらのセットは税込で10,800円。

このアイテム数でこの仕上がりでこの価格に収まっていることにボクはとても感激しました。

購入はぜひともたち吉のオンラインショップがオススメです。

inyo_01

引用:https://tachikichi.jp/

ママやパパ用に揃えたくなるようなステキな器たちも選べちゃいます。

 

 

○専門家からみた特別感(ミワ目線で)

最高のパフォーマンスだと思います。

やはり、たち吉がいろんなところで発信している「心を伝える」という言葉のとおり、

丁寧なシゴトが商品に表現されています。

31

色合いも質感も、細部にいたる仕上げも、とても丁寧です。

32
飲み口のきれいな金の絵付けライン。

丁寧につくられた贈り物は、その贈り主の想いまで丁寧に運んでくれます。

 

○日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

たち吉は日本全国にある、その産地ごとに得意な製法でつくられた器を販売しています。

つまりたち吉のコンセプトに基づいてつくられた、日本全国の伝統ある焼物や塗り物たち購入できるということです。

その中でもボクが一番気になったのは、やはり塗り物。

塗り物は塗ってしまうため、中の素地が見えません。

見えなくても素地にも安全なものを使っているメーカーもあれば、

正直、何をリサイクルしてできたかわからない粗悪な素材を使っているところもあります。

 

たち吉では、全ての素地の表記を分かるところはきちんと細かく表記しています。

細かく表記できるということは、自信があるからです。

ぜひそういった目でお買物してみてください。

きちんと選んだ器は、きっと丁寧に使いたくなるはず。

 

購入ショップHPhttps://tachikichi.jp/

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

※ここでレポートしている内容は、子どもが使うことを真剣に考えたボクの感想と評価です。だからこそ嘘偽りなく、良いと思うこともそうじゃないことも正直にレポートしています。