今日は、カイボイスン・ベビーセットをレポートしています!!

カイ・ボイスンのスプーンフォークを見たら、愛知県民は、あるラーメンブランドを思い出します。

そして、いま、ボクは猛烈にラーメンが食べたいです。

しかし残念ながら、今日の晩ごはんメニューは

D01
エビフラ~~~イ!!!!
ん~・・・
でもスキだからいい!!

 今日の晩ご飯のメニュー

・ゆでたジャガイモ

・エビフライ

・サラダ

・フルーツヨーグルト

そしてお米がない!!!!!

お米を炊き忘れたそうな。

今回はジャガイモさんで炭水化物を摂取します。

プッシャーが大活躍ですよ~!

D02
キミはヨーグルトに使おうかね。

D03

さて、おいしくいただいたところで、、、

 

○専門家からみたギフト度(バァバ目線で)

今回ボクが購入したのは神戸にショップを構えるWEBOのオンラインストア。

こちらのお店は、オーナー自身がプロダクトデザインを専攻されていたこともあって、デザインにすぐれた良質なインテリア用品のセレクトショップ。

美しいデザインのアイテムが見つかるお店です。

さて、こちらで購入したカイ・ボイスンの3点で税込3,780

まず到着の様子から

09
まるでパッケージのようなこだわったダンボール。

ステキです。

オープンするとこんな感じです。

10
手提げ袋が入っていました。

そしてラッピング。

11
後ろ側にはクッションが入っていて動かないようになっています。

12
売上明細書には手書きメッセージ

13
タイトルが明細書じゃなくて「INVOICE」とかってなっていたから

「外国みたいだ、かっこいいなぁ」って思いました。

たいしたことではないんですけどね・・・()

海外の方でも分かるように日英併記です。

14
そしてこれ!!

15
これこれ!!!

16
テープもかっこいいな・・・

ラッピングがかっこいいので、むやみに、あえての左寄りで撮影してしまいました。

17
そして自己満足して、全体を撮るのを忘れました。
ははは
()

使う粘着テープを使い分けているところが素晴らしいです。

18
このテープはストレスなくきれいにはがせるので好きです。

包装紙以降は、特別感たっぷりなので、次項目で~!!

 

○専門家からみた特別感(ミワ目線で)

ここからは、ベビー食器ではあまり見ない特別感をお送りします。

そもそも、製品の仕上がりが、大人用カトラリーと同じ品質、同じ高いデザイン性でつくり上げられていますので、ボックスもそれに見合ったものになっています。

さぁ、包装紙の中は白のボックス?かとおもいきや、

19
スライドカバーでボックスはさらに中。カイ・ボイスンのロゴが見えます。

フタを開けます。

20
もうカイ・ボイスンの世界です。

ボクは今デンマークにいる!

21
こんなに美しいカトラリーたち!!!

全部揃えたくなりますねぇ。

妻に交渉してみようかな・・・
負けるかな・・・

22
じゃーーーん!!!
あれ?おしゃれなお菓子?って思ってしまいました。

下には高級感と高品質を演出する布張りになっています。

もはやお菓子じゃないね、宝石だね!!

もう一度個々のアイテム!

23
ロゴ入りのアイテムごとに用意された袋に入っています。

袋から取り出して置くとき、かなりそっと置きました。

24
そっと置きたくなる、丁寧に扱いたくなる特別なカトラリーです。
特別な人にぜひお贈りください。

 

○日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

みなさん、ステンレスにも種類があることはご存知でしたか?

食器やカトラリーで最も多く使われているステンレスは「18-8ステンレス」です。

この数字は「クロム18%ニッケル8%含有」のステンレスということだそうです。

ステンレス自体そもそも価格の高い金属ですが、こちらが一番ポピュラーなステンレス。

そしてカイ・ボイスンのステンレスは「18-10ステンレス」

クロム18%ニッケル10

18-8ステンレスでも耐久性と耐蝕性に優れているそうですが、扱い方によってはさびてしまうこともあるそう。

18-10ステンレスは、それよりもさらに耐久性と耐蝕性が大幅にアップしていることと、

金気(カナケ)という金属特有の味やにおいがかなり低減されたグレードだそうです。

そして、よく市場で見るステンレスよりも黒味(というか深み)があります。これにより高級感も演出でき、黒味が増せば増すほど、価格も高くなります。

赤ちゃんに使うものだからこそ、使いやすくて安心なものを使いたい。

特別な人の子どもに贈るものだからこそ、特別なものを贈りたい。

そんな人たちの気持ちをかなえてくれるステキなカトラリーです。

 

公式HPhttp://kay-bojesen.jp/
購入HP:http://www.webo-kobe.com/

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

※ここでレポートしている内容は、子どもが使うことを真剣に考えたボクの感想と評価です。だからこそ嘘偽りなく、良いと思うこともそうじゃないことも正直にレポートしています。