子ども用食器博士の飽くなき愛情 Dr.Shockilove

日本一やさしい食器をつくっている、その張本人の日常を記すドキュメンタリー!

MY FIRST DISH
Starbrand 小さな会社のブランド戦略
[111日間限定ブログ]
Dr.Shockiloveの本気でマニアックな子ども食器レポートをお楽しみください!
日 付
記録者
美和けいいち
件 名

今日は、クラフトレシピのノーティのキッズギフトセットをレポートしています。

15

レッドはこんなに元気なセットになります。パッケージのストライプもかわいらしいです。

 

今日のお昼ごはんは

16

・玄米おにぎり×2

・梅干

・レンコン

・ひじき

・サラダ

・フライ

・フルーツ

・オレンジジュース

 

○実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

ボクが購入したパッケージには、取扱説明書などがなかったですが「スプーンとフォークは電子レンジでは使用できません。」と書かれているので、電子レンジや食洗機は対応可能っぽいです。

耐熱温度からみても問題なさそうです。

ですが、不安なのでちゃんと書いてあったほうが親切だったなぁと思います。

 

○実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

素材はプレートが飽和ポリエステル&ABS樹脂。キッズカップは飽和ポリエステル。カトラリーは耐熱ABS樹脂。とそれぞれ少しずつ違うのですが、飽和ポリエステルもABSも軽くて耐久性のあるプラスチックです。

14

惜しいなと思うのは、コップとカトラリーの口に入る部分に印刷がかかっているのにコーティングがされていないことです。実際、印刷が入っているプラスチック食器の大半はコーティングがかかっていません。なので、むしろ今回の食器もコップやカトラリーの「塗装無し」のほうが一般的といえます。でも、プレートに塗装してくれたのなら、その他の食器類も塗装してくれたら、安心感も耐久性も増し増しになっていたと思いました。

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

日 付
記録者
美和けいいち
件 名

今日は、クラフトレシピのノーティのキッズギフトセットをレポートします。

01

お皿やスプーンに笑顔のマークがかわいい食器セットです。

特にプレートは、食べ終わった後にニコちゃんが見られるので食事が一層楽しくなりそう!!

 

そんな食器セットでいただく今朝のごはんメニューは

02

・玄米おにぎり×3

・梅干

・サラダ

・スクランブルエッグ

・ウインナー

・フルーツ

・オレンジジュース

しっかりニコちゃん隠れてるじゃな~い!

完食に向けて俄然やる気がでてくるボク。

03

自然とボクも笑顔になっちゃうね~。

04

ボク:「あっ、これはこれは、フォークさん、おはようございます!今日も爽やかな朝ですね~!」

フォークさん:「おはよう!今日もたくさんボクのこと使っておいしく食べてくださいね~!」

ボク「うん!分かったよ。今日のキミの出番は、まずはウイン・・・」

妻:「さっと食べんかい!!」

ボク「・・・すみません。いただきます・・・。」

さて、マジメに朝のレポートにまいりましょう。

○実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

こちらのセットは、お子さんが自分でスプーンを使いながら食べられるようになったときのための「マイ食器」セットだそうです。手づかみ食べをするようになる頃にちょうどいいセットです。

さて、サイズ感をレポートしていきますよ!

05

まずはキッズカップ。容量は170ml。飲み口は返しがついていて、上手に飲めるように工夫があるのがイイですね~。

06

幅はだいた7.5cmくらいです。高さは7cmくらい。標準サイズで、とっても軽い!

07

次はカトラリー。こっち見てニコニコしてる。トモダチになった気分だなぁ。ながさはいずれも14cmほどです。

08

手持ち部分に均一して厚み5mm、太さが1.5cmくらいあります。太さや厚みの変化があったほうが持ちやすいかも、という印象。

09

口に入れる部分も結構厚みと深さがあります。大人用のスプーンでもこんなに厚くないのではないかな。

10
最後にスクエアプレート。

11

正方形のカタチで、縦横23.5cmくらいです。たくさん食べられる大きさですね~!!

12

仕切りまでの深さはだいたい1.5cmほどです。

13

引用:http://item.rakuten.co.jp/tatsu-craft/4932982465255/

こちらはワンプレートだけど、スープ系やカレーライスにはこちらのお皿がよさそう!

あ、そうそう!ノーティは2色展開です。ブルーとレッドで、カラーでニコちゃんの表情が違います。兄弟・姉妹で色違いで揃えたら、家族で楽しい食卓になりそう。

 

○実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

014

本当は食器自体に貼付しなければならない品質表示ですが、、、それは一旦置いておいて。

「品名:合成漆器」

合成漆器なんだ。ということはウレタン塗装がしてあるのかな。と、よく見てみると、表面をコーティングしているのはスクエアプレートのみでした。

なんでプレートだけ?スプーンやコップは?

塗装って、物持ちよくしたり、強くしたり、キズやカビから守ったり、そういう役割があるのですが、コップやカトラリーも同じじゃないかな。確かにプレートが一番傷つきやすいけど、でも、それだとフォークもガリガリやることもあるし、コップには口元が印刷されているし・・・。もしかして、色移り防止のためだけなのかな。

 

ボクとしては、コップやカトラリーの口元に印刷がされているから、全アイテムコーティングがあってほしかったな。そのほうが安心。

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

日 付
記録者
美和けいいち
件 名

今日は、ニトリのハッピービークルの子ども食器をレポートしています。

20

食後はまとめて保管できます。プラスチックと木製なので重ねやすく、お子さんの食育にお片づけをお手伝いしてもらってもいいかも。

 

さて、今日の晩ご飯は・・・

21

・玄米ごはん

・さわら

・煮物

・お味噌汁

・お茶

22

ん~!!やっぱり持ち上げやすい!!

※「けしからん」顔ではなくって、「なかなかやるな!」って顔です。

 

それはさておき、夜のレポートいきましょう!

○専門家からみたギフト度(バァバ目線で)

ニトリのラッピングサービスをみていきましょう。

23

ニトリで購入しました。

24

ボックスではなくて、ラッピング袋タイプです。

25

中はというと・・・クッション材で包まれた状態で入っています。

26

カトラリーはもともと専用パッケージがありました。

 

ちょっとしたプレゼントならOKですが、出産祝いやお食い初め祝いなどには、ちょっと物足りなさがあります。

 

○専門家からみた特別感(ミワ目線で)

ギフトとしては、特記したくなる特別感はない・・・というか、非常に「惜しいな」と思う食器です。

その理由は次のマニア所感で。

 

○日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

一見、100円均一のものとあまり変わりません。

という印象。でもよく見ると、そうでもない。

つまりそれは、つくりのクオリティが商品のアイデアに追いついていなかったからだと思うんですね。

たとえば、コップ。持ち手に工夫がありました。

27

持ち手だけじゃなく、飲み口のところの返しも。小さな口でもしっかり飲めるように。

おちゃわんは、朝にレポートしたように高台が最適です。

28

プレートは、仕切りにカドがなく、スプーンですくいやすいようにしてあります。

28

カトラリーは、持ち手の部分がちょっとナミナミしていて、手になじみやすくなっています。木製独特のやわらかさも感じられるちょっと太めの持ち手です。

 

このように、商品デザインに関しては子どもが使いやすいように、という想いを感じます。

みなさんがご存知の有名子どもブランドの商品のほうが、子どもが使うことを想定していないようなブランドありきのものが本当は多い。

 

ボクは、これは本当にもったいないと思います。

つくりをもう少し丁寧に作ってくれていたら、「お値段以上、ニトリ~!」って叫んでいたと思います。

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

※ここでレポートしている内容は、子どもが使うことを真剣に考えたボクの感想と評価です。だからこそ嘘偽りなく、良いと思うこともそうじゃないことも正直にレポートしています。

日 付
記録者
美和けいいち
件 名

今日は、ニトリのハッピービークルの子ども食器をレポートしています。

16

その名の通り、食器には救急車やショベルカーなど、男の子が大好きな「乗り物」の絵がついています。

 

今日のお昼ごはんは

・玄米おにぎり×2

・梅干

・煮物

・ひじき

・サラダ

・フライ

・オレンジジュース

17

このコップ。どこにでもあるように見えて、実は子どもにやさしい工夫があります。持ち手の部分、よく見てください!下に行くほど広がっていますよね。これ、iiwanと同じです。こうやって下にいくほど広がっていくと、小さな手でも手のひらに持ち手が当たって、しっかり握れるようになります。ナイス工夫!!

 

○実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

カトラリー以外は電子レンジ&食洗機使用可能です。

19

食器の裏には、レンジの使用目安時間の記載があります。プラスチックなので耐熱温度を超えてしまうと変形の原因になるので、長く使ってもらいたいメーカーの想いですね。レンジなどのもアイコンになっていて非常に見やすいです!

 

○実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

おちゃわんとプレートの原料は、硬めですが衝撃にとても強いことで食器によく使われています。またコップは、おなじみのポリプロピレン。この原料はとてもやわらかいので落としてもカンタンに割れたりしません。素材面では高い耐久性が期待できます。

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

 

日 付
記録者
美和けいいち
件 名

今日は、ニトリのハッピービークルの子ども食器をレポートします。

『お値段以上~ニトリっ!!』のニトリさんです。ニトリでも子ども食器が買えるんですね。しかも結構いろんな種類がありますよ!!

01

引用:http://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/

これはお茶碗のページですが、お茶碗だけでこんなにも種類ある~!

02

ボクが購入したのはこちらの食器たち。男の子用でまとめてみました。

女の子用もありましたよ。

03

引用:http://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/

ピンク色のウサギさんの食器。でも在庫限りだそうです。入れ替わりが早いんだね・・・。

ボクがチョイスした食器なんてもうウェブサイトに載ってもいない・・・()

そんなレアな食器でいただく今日の朝ごはんいきましょう。

04

・玄米おにぎり×3

・出汁巻き卵

・ひじき

・きゅうりの漬物

・お味噌汁

・オレンジジュース

05

なんだか昔懐かしい感じ。小さい頃に似たようなコップを使っていたような気がします(笑)

06

おや、よからぬものを見つけてしまったよ!

 

さて、朝のレポートにまいりましょう。

○実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

07

まずはランチプレートから。横幅は23.5cmほどありますが、実際にお料理が入るエリアは20cmくらいかな。高さは19cmくらい。深さは2cmくらい。

08

iiwanと比べてみましたが、1cmくらい低いですね。

09

次はおちゃわん。最もスタンダードなカタチしていますが、ボクはこの高台がいい感じの高さだと思います。8mmほどの高台です。ここに手を入れて持ち上げやすくなりますので、高台があまり低いと持ち上げにくくなり、高すぎると安定しなくなります。器の深さは4cmくらい。直径は9.5cmくらいです。

10

次はコップ。直径は7cm。高さも7cmくらい。

持ち手の部分は大人の指で2本分くらいです。

11

最後はカトラリー。これは結構大きいぞ。

12

長さ14cm弱。よくあるサイズは代替CDの縦幅くらいなのでやや大きめですね。

13

器部分の横幅は3cmちょっと。ちなみに、iiwanは2.5cm弱。

ちなみに器部分の縦幅も0.5cmの差がありました。

 

離乳食を完了して幼児食になってきた頃にちょうど使いやすそうなサイズ感です。

14

特にスプーンとフォークは口に入る部分に結構厚みがあるので、口をワッと広げられる年齢になるまでは大きいかも

 

○実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

今回は素材がバラバラです。

カトラリーは木製、コップはポリプロピレン、おちゃわんは飽和ポリエステル、プレートは飽和ポリエステル+ABS樹脂。4種4様だ()

昨日の印刷剥がれのショックがあるので、めっちゃ一生懸命爪でこすってみましたが、いずれもはがれませんでした。良かったです!!

 

ただ、ボクはさっき、よからぬものを見つけてしまったわけです。

15

それがコレ。フォークにほくろがありますよ?よ~く見ると持ち手の部分の塗料なんだよね。

しかも、いいんだか悪いんだか、こすってもどうやっても取れません()

とれなければいっか~!なんて思えないボクは、やっぱり不安になります。これはマイナスポイントです。

ちなみにプレートの底面にも同じような斑点がありました。

色の塗り方も均一ではなく、垂れているのがわかるところもあります。丁寧につくっているというよりは「大量生産」感が感じられます。

 

1日の記事は、こんな風に分かれています。

朝:実際に使ってみたサイズ感(コドモ目線で)

朝;実際に使ってみた安心感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた便利感(ママ目線で)

昼:実際に使ってみた耐久性(ママ目線で)

夜:専門家からみたギフト度(バーバ目線で)

夜:専門家からみた特別感(ミワ目線で)

夜:日本一のマニアの所感(ミワ目線で)

↑このページのトップヘ